淀川汽水域キビレ考察3 キビレの釣れる時期

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

淀川汽水域のキビレのルアー釣りを始めて3年目。
まだ3年という短い年数ですが、だんだんと分かってきたこともあれば、
まだまだ分からないこともたくさんあります。

自身への覚書として、または新たな手がかりを掴むための一歩として、
ここで定期的に記していこうと思います。

【淀川汽水域キビレ考察・第3回】キビレの釣れる時期

ブログを開始してまだ1週間も経ってませんが、
「淀川 キビレ 時期」という検索ワードで結構アクセスされる方が
いらっしゃいます
ので、今回は淀川のキビレの釣れる時期について
記載しようと思います。

ややこしいですが、真チヌの話は抜きにしてます。スミマセン…( ^ω^ )ヘコヘコ

淀川のキビレの釣れる時期は、
はっきりいってよく分かりません!


・・・だってほんとに分からないんだもん( ^ω^ )φシコシコ

淀川のキビレについて一般的に例年、言われていることは、

【淀川汽水域 キビレのシーズンイン時期】

・GW前後あたりからルアーで釣れはじめる
・エサ釣りだともうちょい前の4月くらいから
・私の記録では5/7


です。他の説(人から聞いたりしたこと)でいうと、

・3月くらいに長柄付近でミノーで釣れたらしい
・3月中旬にエサで釣れたらしい
・3月後半から遡上するのでぼちぼち釣れるらしい
・淀川河口だと冬でもたまに釣れる


との説もあります。どれが本当か分かりません。
私の場合、2月中旬から調査したことがあります。
が、2月中旬から4月中旬にかけては、
アタリすらありませんでした。


個人的な感覚では、
GW前後から、特に、気温とともに水温が急上昇して
淀川汽水域の川の雰囲気が海っぽくなった時
がシーズンスタートの合図
じゃないかと思ってます。

写真は2011/5/8、朝マズメに釣れたキビレ
e0247157_20353591.jpg


なお、ただし、河口だと冬でもたまに釣れるという情報に関しては、
河口が海とほぼ同じ環境だからだと考えます
(詳しくは後述にて)。


【淀川汽水域 キビレの汽水域遡上時期】

これもよく分かってません。
色んな説がありますが、いくつかの説を挙げると、

・月(潮)の動きを把握して毎年同じ時期に遡上してくる
・単純に暖かくなってきてから遡上してくる
・カニが出てきてから
・稚鮎の遡上に相乗りしてくる


があります。

私個人の見解はまったく分かりません( ^ω^ )ニッコリ!
が、少なくとも、釣れる時期は川の雰囲気が海っぽくなった時
だと勝手に考えてます(遡上時期と釣れる時期は別だと思ってます)。

5月中旬、この頃になると汽水域はもう”海”の雰囲気に変わる
e0247157_20415933.jpg


【淀川汽水域 キビレのシーズン終了時期】

キビレは秋になると産卵のため、いったん海に帰ると言われてます。
で、反対に、淀川汽水域のキビレシーズン終了時期ですが、

・8月のお盆過ぎ
・淀川花火大会後
・9月初旬~中旬
・実は11月頃まで


の説があります。

私個人の見解は、30cm以上の産卵を控えたキビレは9月初旬~中旬、
30cm未満の産卵しない小キビレは11月初旬まで

だと考えています。

2009年には8月~11月後半までほぼ毎日、
淀川中流や神崎川中流、猪名川に通い続けていました
が、

30cm未満の小キビレに関しては、汽水域でも
11月上旬までルアーで釣れました。


でも、釣れる数に関しては日を追うごとに減っていったので、
やはり産卵対象外の個体に関しても、
寒くなるにつれてどんどん海に帰っていくのだと思います。

11月以降の淀川汽水域。さすがにキビレの反応はありません
e0247157_20551323.jpg


なお、私が一番狙っているのが
30cm以上の産卵対象のキビレですが、
今年までは9月初旬でシーズン終了だと思ってたのですが、
今年はなぜか9月の中旬に突然やたらと釣れる、
という非常に変わった事態が起こりました。


9月中旬に淀川汽水域で30cm以上のキビレが釣れまくる謎の出来事
e0247157_2050079.jpg


これは9月初旬の台風の後、季節が秋から夏に逆戻りしたのか、
いったん居なくなったカニがワラワラ復活しており、
シーズンが戻ったという特殊なケースなのだと思います。

一般的にシーズン終了後も、小キビレなら
汽水域では結構湧いてたりします
ので、
メバルタックルで狙うとまあまあ面白いですよ( ^ω^ )φシコシコ

9月以降に湧いてる20cm前後の小キビレ
e0247157_20434281.jpg


【淀川以外の場所について】

他の河川の汽水域についてはおそらく上述で挙げた説と同じだと思いますが、
汽水域ではなく、河口や港湾部に関しては、産卵期の
9月中旬から11月初旬まではシーズンオフですが、
それ以外は普通に釣れると考えてます。


実際、12/30、2月上旬に河口や港湾部での釣果があります。

写真は12/30に神戸港周辺で釣れた40cm
e0247157_20322627.jpg


個人的にはできるかぎりシーズンイン/オフの見極めを
しっかり解明したいところですが、所詮は素人、なかなか難しいです。
来年は、もっとしっかり調査したいと思います。
[PR]

by paradise-garage | 2011-10-06 20:44 | キビレ考察&タックル | Comments(0)

<< ライトジギング 序章    10/5 三重県五ヶ所湾釣行 >>