カテゴリ:淀川キビレ釣行( 66 )

2011年の淀川キビレを振り返る6 停滞期とアンコール

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

すでにシーズンが終了してしまった淀川キビレですが、
来年に向けて、少しづつ2011年の淀川キビレを振り返っておこうと思います。その6( ^ω^ )

【2011年の淀川キビレを振り返る6 停滞期とアンコール】

梅雨明け後から淀川花火大会までの間、それなりに好調だった淀川キビレでしたが、
やはり例年(と言われている)通り、それ以降は極端に渋くなる時期に突入してしまいました。

特にお盆休み明け以降、一気に反応が薄くなってしまいました。
キビレだけではなく、あれほど湧いていたカニ達も、日に日に
姿が減っていくのを目の当たりにしました。

そして、突然沸き始めたボラの大群。気温はまだまだ真夏ですが、
これって、淀川の水の中はもう秋になってきているのかもしれません。

e0247157_1544475.jpg

↑ちなみにシジミはまだまだ採れました。泥抜きして味噌汁に入れると美味しいよ( ^ω^ )

おそらくこの辺で諦めて秋シーバスの準備をする人も多いかと思います。
ですが、私があえて「シーズン終了」ではなく「停滞期」としているのには理由があって
一番淀川に通いつめた2009年の場合、8月終盤の大潮前後に突然の爆釣タイムがあったのです。

というわけで、今年の場合はどうだったのでしょうか?( ^ω^ )ニヤニヤ

e0247157_15474782.jpg

↑8/22、なんとか40cmと33cm

e0247157_15491658.jpg

↑8/27、なんとかバリッドで39cm

e0247157_15544756.jpg

↑8/28、ハゼ釣りの外道で小キビレ数匹。エサは石ゴカイ( ^ω^ )セコイ!

・・・あれ?あんまり釣れない・・・もしかして、今季は終わり?( ^ω^ )?

2011年の淀川キビレを振り返る 最終章へ続く( ^ω^ )

■日時:8月中旬~下旬
■キビレ:3匹(餌釣り除く)
■Rod:スパルタス・風神タイガME-76L、オリムピック・フィネッツァプロトタイプ762UL-T
■Reel:シマノ・ステラ2500S、ソアレ2000S
■Line PE:YGK・WX8 12LB
■Line Leader:クレハ・R18フロロリミテッド 14LB、5LB
■Lure:ガルプ・フローティングサンドワーム4inch+ARリグ5g、
     サラナ80F、バリッド70、石ゴカイ



チニング ブログランキングへ
[PR]

by paradise-garage | 2011-09-29 03:00 | 淀川キビレ釣行 | Comments(0)

2011年の淀川キビレを振り返る5 梅雨明けと最盛期

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

すでにシーズンが終了してしまった淀川キビレですが、
来年に向けて、少しづつ2011年の淀川キビレを振り返っておこうと思います。その5( ^ω^ )

【2011年の淀川キビレを振り返る5 梅雨明けと最盛期】

淀川キビレの最盛期は梅雨明け~お盆までだとよく言われます。
個人的に淀川キビレの最盛期は、
5月後半~梅雨入りまで、そして、8月終盤の大潮前後
だと思ってますが、確かにキビレの魚影の濃さで言えば真夏だと思います。
実際、2009年の梅雨明け以降の淀川キビレの魚影の濃さは
ハンパじゃなかったと記憶しています。

とりあえず梅雨明けが7/8と、かなり早かった2011年。
今年の淀川キビレ最盛期(梅雨明け~お盆まで)はどうだったのでしょうか。

結果は・・・


e0247157_14561655.jpg

↑夜はもちろん

e0247157_14564446.jpg

↑特に昼が良かった。43cm

e0247157_14572837.jpg

↑適当に投げてみた新規ポイントで43cm

e0247157_14581794.jpg

↑これまた43cm

e0247157_1458339.jpg

↑チヌのような顔つきの45cm

サイズ、数ともに申し分なし( ^ω^ )ニッコリ
いずれも1時間程度の短時間釣行で、だいたい3~6匹。
今年は特にサイズが良かった気がします(特大サイズは釣れませんでしたが・・・)。

そして、去年までと違って、釣れる動かし方をなんとなくですが掴めた気もします。

・・・が、最盛期(お盆明け)を過ぎると、急に渋くなるのでした。

■日時:7月中旬~下旬
■キビレ:30匹くらい
■Rod:スパルタス・風神タイガME-76L
■Reel:シマノ・ステラ2500S
■Line PE:YGK・WX8 12LB
■Line Leader:クレハ・R18フロロリミテッド 14LB
■Lure:エコギアアクア+ARリグ7g


【今日の一曲】
I Level "Give Me"


(  ՞ਊ ՞)<夏の夜にぴったりな曲やな!キビレもこの曲聴いて喜んどるわ!


チニング ブログランキングへ
[PR]

by paradise-garage | 2011-09-29 02:35 | 淀川キビレ釣行 | Comments(0)

2011年の淀川キビレを振り返る4 ナイトゲームでのスランプと克服

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

すでにシーズンが終了してしまった淀川キビレですが、
来年に向けて、少しづつ2011年の淀川キビレを振り返っておこうと思います。その4。

【2011年の淀川キビレを振り返る4 ナイトゲームでのスランプと克服】

デイゲームでのキビレが好調である反面、
梅雨も後半に差し掛かった頃、謎の不調期間が訪れました。

なんと、ナイトでのキビレで4連続坊主を食らってしまいました。
しかも、これまで安定して釣れていた場所で、アタリすらない状況に陥りました。

このスランプは、実は去年も陥っていました。
去年の場合は、淀川汽水域でキビレがあまりにも釣れないので、
淀川は諦め、西宮界隈のサーフポイントに出撃していたくらいです
(ちなみにK浜~N浜界隈は淀川なんか比べものにならないくらい釣れます。
しかも根掛かりもほとんどしないという夢のようなポイントです。)。

しかし、昼間では簡単に釣れてしまうのに、どうして夜になると釣れないのか?

私の今年のコダワリとして何が何でも淀川で釣るを掲げていたため、この謎とスランプををなんとか克服してやろうと考えていました。

そんな時、私の知り合いの方が、場所は少し異なりますが、連日のようにキビレを釣っていました。
しかもルアーは、バス用のクランクベイト。
なんで!?( ^ω^ )!?と疑問に思いましたが、とりあえずミノーで試してみた結果、

e0247157_11425157.jpg

↑1投目であっさりGET、その後も連発

e0247157_1146385.jpg

↑これは別の日。これで今季70匹目

e0247157_1154068.jpg

↑これは8月に入ってから。ちょっと小さいけど。

簡単に釣れてしまいました( ^ω^ )ナニコレ!?
状況次第ではソフトルアーよりもハードルアーの方が釣れるんですね。

ヒットルアーは全部、シーバス用のミノー・スミスのサラナ95F。
クランクベイトを使わず、フローティングミノーを使用した理由は、
単に私のホームポイントが遠浅かつ根掛かり多発地帯なので、ロストを避けるためです。
ちなみにサラナ95Fはフローティングミノーの割には結構潜るので、
遠浅ポイントだと普通にボトム付近をトレースすることが可能です。

で、試しにこれまで使ってたガルプ+ARリグを投げ倒すと・・・

まったくの無反応!( ^ω^ )ナニユエ!?
手とバッグがガルプ臭くなるだけで意味なし!

これは推論なのですが、
時期によってキビレの食性が変わったからなのかもしれません。

そして、キビレのルアーはベイトに合わせた動きが一番大事なのかもしれません。

■日時:7月上旬~中旬の夜(一部8月あり)
■キビレ:20匹くらい
■Rod:スパルタス・風神タイガME-76L
■Reel:シマノ・ステラ2500S
■Line PE:YGK・WX8 12LB
■Line Leader:クレハ・R18フロロリミテッド 12LB
■Lure:スミス・サラナ95F



チニング ブログランキングへ
[PR]

by paradise-garage | 2011-09-29 02:31 | 淀川キビレ釣行 | Comments(0)

2011年の淀川キビレを振り返る3 デイゲームへの目覚め

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

すでにシーズンが終了してしまった淀川キビレですが、
来年に向けて、少しづつ2011年の淀川キビレを振り返っておこうと思います。その3。

【2011年の淀川キビレを振り返る3 デイゲームへの目覚め】

キビレは一般的には、暗くなってからの夜がもっとも釣れるとよく言われています。
実際にそうだと思います。
昼にめったに釣れない場所も、夜ならあっさり釣れたりするものです。

ですが、今年、5月後半~6月中旬の約1ヶ月間、個人的な事情により
あまり夜に出撃することができず、土曜日or日曜日の昼間、しかも1時間くらいしか釣行できない、
かなり時間的に制限される時期がありました。

そうなると、無理にでもデイで釣れるパターンを探すしかありませんでした。

そのパターンとは・・・

夜では怖くてなかなかエントリーできない場所で釣る

でした。単純な策ですが、

結果としては、

e0247157_1050561.jpg

こんな感じや

e0247157_1052275.jpg

こんな感じで、

サイズは30cm台前半~中盤とぼちぼちですが、なかなかの釣果。
特に6月下旬のとある日中は、1時間で6匹の好釣果でした。
しかも場所によっては、ほぼ1投目で必ず反応があるくらいの魚影の濃さ。

夜と違って、昼間のキビレは居る場所がかなり限定されているような気がしますが、
キビレが溜まっている場所さえ見つけてしまえば、夜よりも断然釣れますね。
実際、今年のキビレの6割は日中での釣果となってしまいました。


しかし、ちょうどこの頃(梅雨中盤)、デイゲームの好調振りとは反対に、
しばらく夜で連続ボウズを食らうという謎のスランプに陥ったのでした・・・。

次回に続く( ^ω^ )

■日時:6月中旬~下旬
■キビレ:20匹くらい(30cm台前半~40cm台前半)
■Rod:Go-Phish・パワーセブンUL-76
■Reel:シマノ・ステラ2500S
■Line PE:YGK・WX8 12LB
■Line Leader:クレハ・R18フロロリミテッド 12LB
■Lure:ガルプ・サンドワーム2inch+ARリグ7g


【今日の一曲】
George Duke "Shine On"


(  ՞ਊ ՞)<夏のデイゲームといえばこの曲やな!キビレも喜んで聴いとるわ!


チニング ブログランキングへ
[PR]

by paradise-garage | 2011-09-29 02:30 | 淀川キビレ釣行 | Comments(0)

2011年の淀川キビレを振り返る2

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

すでにシーズンが終了してしまった淀川キビレですが、
来年に向けて、少しづつ2011年の淀川キビレを振り返っておこうと思います。その2。

【2011年の淀川キビレを振り返る2 梅雨前こそ最盛期?】

5/7のキビレシーズン開始からしばらくの間、ぼちぼちと釣れ続けたキビレ達。
特に、5月中旬に大雨が降ってから数日後は短時間でいい結果が出ました。

e0247157_118969.jpg

5/17、この日最大の40cm。

e0247157_121411.jpg

5/18、写真の40cmを筆頭に6匹。

2010年もそうだったのですが、2011年も同様、梅雨入り前までは
安定した釣果が出ました。しかも、シジミパターンなのか、
ガルプ+ジグヘッドを遠投してズル引きするだけで簡単にヒットする、釣り方としても単純明快。
初めてキビレを釣りたい方にとっては一番良い時期なのではないでしょうか。

特に、ガルプ・サンドワーム2インチが比類なき強さを発揮した時期でもありました。

ただ、今年は梅雨入りが早かった。
淀川汽水域はまとまった雨が降ると、どうしても雨の影響を受けやすくなります。
多少の雨なら程よい濁りが出て、条件も良くなるのですが、
まとまった雨は濁流になるどころか、危険なので釣りにも行けません。
特に、毛馬大堰からの放水は厄介な存在だったりします。

e0247157_1304744.jpg

写真は5/31の朝、通勤途中に十三大橋から撮影した淀川。
実際は写真以上の濁流っぷりでした。

というわけで、梅雨に入ると釣れる状況と釣れない状況、
つまりムラが出始める時期に突入します。

ちなみに、今年は梅雨入り開始の時点で約30匹。
2010年に比べるとイマイチでしたが、釣行時間も少なかったので仕方ないところですね。
[PR]

by paradise-garage | 2011-09-29 01:40 | 淀川キビレ釣行 | Comments(0)

2011年の淀川キビレを振り返る1

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

すでにシーズンが終了してしまった淀川キビレですが、
来年に向けて、少しづつ2011年の淀川キビレを振り返っておこうと思います。

【2011年の淀川キビレを振り返る1】

4月上旬頃から、すでにちょくちょく淀川へキビレ調査に赴いていました。
しかし、これがまったく釣れない。河口の方にも何度も出撃したものの、
生命反応すらない状況でした。

初めて釣れたのが5月7日。
この日は中潮で、干潮が15:43。
気温が急に上昇し、淀川汽水域の雰囲気が、突然「海っぽく」変化した日でした。

時間は18時頃だったと思います。
ド干潮からの上げという、キビレ釣りにとっては「私が考える、最強の時間帯」。

初めてのポイントで、一見、何の変化もない場所でしたが、
約10投目、ひったくるようなアタリで、久しぶりのキビレらしい地を這うような強い引き。
上がってきたのは35cmのキビレ。2010年よりも約2週間早くキビレの姿が見れました。

e0247157_1938357.jpg


ひったくるようなアタリは、非常に活性の高い証拠。
餌釣りの方いわく、3月中旬から石ゴカイでキビレは釣れていたそうなので、
もともと淀川汽水域に遡上していたキビレが、急な水温の上昇によって
一気に活性が上がり、ルアーで釣れる「スイッチ」が入ったのだと考えます。

2011年 淀川キビレ回顧録1
■日時:5/7 釣行時間18:00~18:30
■キビレ:1匹(35cm)
■Rod:スパルタス・風神タイガME-76L
■Reel:シマノ・ツインパワー3000SDH
■Line PE:YGK・WX8 12LB
■Line Leader:クレハ・R18フロロリミテッド 12LB
■Lure:ガルプ・サンドワーム2inch+ARリグ5.5g

[PR]

by paradise-garage | 2011-09-28 00:01 | 淀川キビレ釣行 | Comments(0)