<   2011年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

10/30嵐山FA釣行

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

10/30、釣り仲間であるイケメンボーイ・happy coreさん
嵐山FAに行って来ました。

最近釣りが不調な私にとっては、
とにかく魚が釣りたくて仕方がありません。

ボラでもタチウオでも何でもいいので
魚が釣りたい・・・。

(※注1)今回行くのは淡水です。。。

そんな私の歪んだ思いに、
happy coreさんが見るに見かねたのか
私を嵐山FAへ誘ってくださいました。ありがとうございます( ^ω^ )

という訳でhappy coreさんの車で京都・嵐山に到着。

到着。紅葉はまだのようです
e0247157_1710391.jpg


現地では雨がぽつぽつと降っておりますが、
気温も高めで、釣りはしやすそう。
フライという、未だにまったく慣れないタックルですが
なんとか爆釣といきたいものです。

とりあえず私の持ってるフライタックルについて。

私の唯一のフライロッド、TFOのLefty Kreh Professional Series
e0247157_1711280.jpg


私の持っているフライ1
e0247157_17112144.jpg


上のフライはKYOTO FLYのフライ各種です。
フライってもともとカッコイイですが、KYOTO FLYのフライは
造形的にも素晴らしいセンスを感じさせます。

で、今日使用するフライはこれら↓です。

KYOTO FLYのBLニンフ、エリアキラー、他
e0247157_17123026.jpg


直前の情報では、トラウトはちょっとボトム近くに
集まっているらしい
ので、まずは
シンキングラインを使ってボトムから攻めてみることにしました。

グレーのラインがシンキングフライ、沈みます
e0247157_17124925.jpg


まずはシンキングラインでキャスト。
底まで沈め、ゆっくりとフライを引いていきます・・・。





フライが底まで沈むのに約40秒ほど。
ジギングで日本海の100m地点でジグを沈めるのと似たようなタイム。

(  ՞ਊ ՞)<ここで鯛カブラ落としたら1秒でボトム取れるやろな~

(※注2)今日はジギングじゃありません。。。

ちょっと退屈です。





底まで沈め、ゆっくりとフライを引きます・・・。





しかしまったく反応がなく、攻め方変えよかな~、
と思ったその時、

バシャッッッ!!

(  ՞ਊ ՞)<・・・!!??

(  ՞ਊ ՞)<ナブラ起こってるやん!!


(※注3)正しくは「ライズ」です。。。

意外にも、水面近くで反応が多い様子。
なので、すぐにフローティングラインにスイッチします。

フローティングラインに変更
e0247157_17134233.jpg


フライはKYOTO FLYのエリアキラーに、
同じくKYOTO FLYのインジケーター、くし団子をセットします。

エリアキラーとくし団子
e0247157_17135756.jpg


くし団子はいわゆるウキのようなものです。
フライに魚が喰いつけば、くし団子が動いたり消し込んだりして
アングラーにアタリを認識させる優れものです。

で、これらをキャストして・・・

まずキャストし、糸フケを取ります
e0247157_17141457.jpg


くし団子が立つまで待ちます・・・
e0247157_17142563.jpg


くし団子が立ったら、アタリが来るまで待ちます・・・
e0247157_17143525.jpg






そうすると、やっと答えが出ました(^ω^≡^ω^)

まずは1匹目
e0247157_17144790.jpg


そして2匹目も追加。
好調かとおもいきや、ここからが苦難の道でした。

アタリの数はめちゃくちゃあるのですが、
とにかくフッキングしません!
ぶっちゃけ、50バイト1ヒットくらいの酷い割合です。
フライって、こんなにシビアな釣りだったのですね。

最近めっきり繊細な釣りをしなくなった
落ち着きのない私にとっては、かなり酷な釣りです。

happy coreさんは順調に釣り続けてますが、
私は2匹目以降からさっぱり。

見かねたhappy coreさんが、
これを試してみてください、と、
リーダーを一段階細くしてくれました。





そうすると、また釣れました(^ω^≡^ω^)
(happy coreさん、おありがとうございます)。

やっとこさの3匹目
e0247157_1715859.jpg


ラインを細くすることで魚の反応が違ってくるのは
他の釣りでもわかってるつもりでしたが、
トラウトってここまで繊細だとは知りませんでした。

フライのカラーを変えたらさらにもう一匹追加。

今日はチャートカラーが高反応だった気がします
e0247157_17152017.jpg






しかし、相変わらずアワセが難しい!
頻繁にくし団子に反応はあるものの、
ほとんどフッキングさせることができません。

そうこうしてるうちに、釣り人も増えてきました。
あちこちで、フライリールの巻き取る音が、

ジジジジーーー
ジ~ジ~ジ~ジ~~


と聞こえてきます。
ソルト脳の私にとっては、そのたびに一瞬、

ヤバい魚がヒットしたのかとビクッと反応してしまいます。
ナルトビエイとかシイラとか・・・
(※注4)そんな魚はここにはいません。。。

そして、あまりのフッキングの難しさに
心が折れかけましたが、ライントラブルで
リーダーがぐちゃぐちゃになったのを機会に、
あえてリーダーをかなり短めにして再トライしてみると・・・





結構簡単にフッキングしました( ^ω^ )ナルホド…

心が折れかけた時にやっと釣れました
e0247157_1716456.jpg


もう一匹追加して、アタリが遠のきましたが、
フライのカラーを白に変えて、あと2匹追加。

8匹目か9匹目
e0247157_17161536.jpg


ここでタイムオーバー。

ぶっちゃけ30匹くらい釣れると思ってましたが、
世の中そんなに甘くありません( ^ω^ )ザマア!

ちなみに釣ってる人はめちゃくちゃ釣ってました。
上手い人と下手な人で露骨に釣果に差が出る釣りだと思います。
もっと精進しないといけませんね。

また来ます
e0247157_17162611.jpg


嵐山フィッシングエリアはこちら
今回使用したフライ、KYOTO FLYはこちら
今回のフライタックルを購入したお店、トップバトラーはこちら
happy coreさんのブログはこちら


ちなみに帰りの車中ではhappy coreさんと何故か
センドウブロスとガンクラフトの話題で大盛り上がりでした。
[PR]

by paradise-garage | 2011-10-31 15:38 | フライフィッシング | Comments(6)

10/26 明石~淡路島沖ジギング

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

昨日、恒例のジギング仲間と明石~淡路島沖へ
ジギングに行って来ました。

釣り船は先月に行った時と同じ船。
その時は、退屈にならない程度にツバスや根魚、その他諸々が
1人で10匹ほど釣れて楽しかったのですが、今回はどうだったのでしょうか。

今までは釣り仲間で1艇貸切でのジギングだったのですが、
今回は初めての乗合いで、知らない方々と混じって
ジギングに行くのは初となります。
メンバーはいつものジギング仲間8名に加えて、
今話題の釣りガールが2名、その他の方々と同船。

出航は朝の5時半過ぎ、気温急低下で寒いです
e0247157_11581186.jpg


釣り船の最近の釣果情報を見るかぎりでは、
日に日に釣れる数は減っていってるのが
気になるところですが、反対にメジロなどの
大物が少ないながらもポツポツ釣れている状況。

また、タチウオパターンが始まっているとのことで、
船長の事前の指示の下、180g~200gのロングジグを
5つも購入して気合十分
で臨みました。

タチウオパターン用のロングジグ
e0247157_121471.jpg


いざ出航
e0247157_1211629.jpg


明石海峡大橋を越えて…
e0247157_1213524.jpg


最初のポイントへ到着
e0247157_1214821.jpg


船長の指示で、メジロを狙うとのことで
タチウオパターン用のロングジグを使います。





・・・が、まったく無反応。

2つめのポイントへ。
ここでは、ハマチ・ツバス狙いで小さめのジグをチョイス。

右に入ってるTGベイト軍団を使います
e0247157_1222292.jpg


最初のポイントと同様、相変わらず状況は渋いですが、
TGベイト80gのピンクに変えた直後、

ガガガツン!!

というアタリと共にヒット!

ゴゴゴギュギュギュギュ~~

という感じの引きは多分ハマチ。

今回も軽く釣っちゃうよ( ^ω^ )ハハハ

・・・とおもいきや、

フッ・・・





バレました。





その後、サワラらしき魚にラインごと切られたりするものの
まったく釣れず。

しかしその横で、今話題の釣りガール
ロッドがひん曲がり、リールのドラグが悲鳴を上げてます!
しばらく格闘を見てたら、なんとメジロをゲット!( ^ω^ )マジカヨオイ!?

もちろん我々はまったく釣れませんが( ^ω^ )ニコニコ





その後、ポイント移動を重ね、
メジロ狙いで激流エリアに到着。

強烈に潮の流れが速い場所です
e0247157_1254347.jpg


ここからは激流ポイント続きなので
ジグは200gのロングジグ一本勝負。

頼みの綱はこいつだけ、ガチムチ兄貴専用のロングジグ
e0247157_126309.jpg


ウオォォォーー!(((( ^ω^ ))))φシコシコシコシコ
※実際はタチウオパターンのシャクり方なのでもっとゆっくり動かしてます…

・・・しかし、まったくアタリすらなし。

ちなみに今回の私はかなり本気です。
いつもの私はジギングに行っても、
数匹釣って船酔いでダウンするか
数匹釣って暇つぶしの五目釣りにチェンジするか

のどちらか
なのですが、
ガチでメジロorブリを狙うため、
休みなしでノンストップでロングジグをシャクり続けます。

休憩無しでシャクり続ける!
e0247157_1275181.jpg


ウオォォォーー!(((( ^ω^ ))))φシコシコシコシコ

反応なし!さらにポイント移動。

ウオォォォーー!(((( ^ω^ ))))φシコシコシコシコ

反応なし!さらにポイント移動。

ウオォォォーー!(((( ^ω^ ))))φシコシコシコシコ

反応なし!さらにポイント移動。

ウオォォォーー!(((( ^ω^ ))))φシコシコシコシコ

釣りガールがシオGET!マジで!?
私は無反応!さらにポイント移動!

ウオォォォーー!(((( ^ω^ ))))φシコシコシコシコ

ついに仲間の一人がメジロGET!OMD(おめでとうございます)!
私と他の仲間は無反応!最後のポイント移動!

ウオォォォーー!(((( ^ω^ ))))φシコシコシコシコ
ウオォォォーー!(((( ^ω^ ))))φシコシコシコシコ
ウオォォォーー!(((( ^ω^ ))))φシコシコシコシコ





終了( ^ω^ )チーン...

ジギングでは約1年半振りにボウズくらいました
e0247157_129492.jpg


たぶん、ここまで真面目にジギングを
したのは今日が初めて
ではないでしょうか。
このブログではあまり必死さが伝わりませんが、
船長からほぼマンツーマンで指示を受けながら
休みなしで殺気全開でジグをシャクり続けるなど、
こんなに気合の入った客は少ないのではないでしょうか。
でもボウズでした!ていうか明石で初めてボウズ喰らいました!
船長ごめんなさい!(´;ω;`)

飯抜き&波しぶきを浴びまくるだけの
クルージングと化した一日でした。


まあ全体的に異様に渋い日でした。
たぶんあと1ヶ月はこんな状態が続きそう(?)です。
[PR]

by paradise-garage | 2011-10-27 12:46 | 近海ジギング | Comments(0)

10/23早朝 淀川?シーバス釣行

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

今年から本格的に始める、淀川シーバス。
今年11回目の釣行で、10/10以来、結構久しぶりの釣行です。

今回はトップバトラー・宮平氏の案内で、
淀川でも私が滅多に行かない河口付近に行って来ました。

時間は朝の4時。ちょうど満潮からの下げのタイミング
e0247157_11502430.jpg


まずはシーバスが居るかどうかのチェックで、
必殺ルアーのアルカリをいきなり投げます( ^ω^ )セコイ!

セコイけど初めての場所ではまずワームを投げます
e0247157_11505656.jpg






で、このポイントで約1時間アルカリやバリッド、サラナ、アーダ86など
さまざまなルアーを投げ倒しますが、反応なし。

このポイントはダメだということで、次のポイントへ移動。





次のポイントは大きめのテトラが並ぶエリア。
当然、テトラの上に立ちながら釣りをしなくてはならず、
個人的には一人だと怖いので滅多に来ない場所です。

大きなテトラが並んでます
e0247157_1153827.jpg


で、アルカリその他を投げ倒しますが、ここでも無反応!

こんな条件が良いのに、
クソ坊主が頭をよぎります。

そこでダメ元で、淀川は諦めて
思い切って港湾部に移動
することにしました。
ま、すでに夜が明けそうですが・・・。
(※ここからは淀川釣行でもなんでもないですがご容赦ください・・・)

港湾部に移動(写真は夜明け後)
e0247157_11554236.jpg


とりあえず一番釣れそうな常夜灯のある場所へ。
人気ポイントなのか、すでに先客が4名もいました。

個人的に秋のシーバスといえば港湾部!
常夜灯やスリット、岸壁、桟橋を見るだけで
最高に血がたぎります!
(^ω^≡^ω^)ウォォォォ~!


先客の方に軽く会釈し、
護岸沿いの足元にワームを軽く落とすこと2投目・・・





ガチコン!!

という感じでついにヒット!





ギュギュギュギュギュ~~~~

へろへろへろへろへろ~~~~


・・・ああ、この引きは・・・

こいつでした( ^ω^ )ヤッパリ!
e0247157_1158135.jpg


指3本クラス、約1年振りのタチウオでした。
タチウオは単体で狙うと楽しいのですが、
シーバス狙いでかかるとちょっと迷惑な存在です。
なぜなら、ワームが食いちぎられるからです。

ワームが食いちぎられてバラバラに
e0247157_1159351.jpg


速攻でリリースし、5分後・・・

ガチコン!!

という感じでまたヒット!





ギュギュギュギュギュ~~~~

へろへろへ(略)






またこいつでした( ^ω^ )ニッコリ
e0247157_1211457.jpg


ちょっとサイズアップ、指3本半クラス。

さらにその後もタチウオのガチコン!!というアタリが
連発し、バラしたりタチウオの歯でラインを切られたりして
あんなにあったワーム(アルカリシャッド)が
残り1個だけに!



そうこうしてると・・・

夜が完全に明けちゃいました!( ^ω^ )ナンヤト?!

夜明け&敗北
e0247157_1215188.jpg


ベストシーズン&雨後という、
すばらしく良い条件だというのに、
シーバス坊主食らってしまいました!
私の周囲はどんどん70cm以上を釣り上げているというのに・・・( ^ω^ )ハハハ

・・・で、この日はもう少し続きがありまして、
最後に行った港湾部付近の岸壁&シャローで、
とても興味深いモノを観察
することが出来ました。
この話は次回にでも書きます。

つづく。
[PR]

by paradise-garage | 2011-10-24 12:03 | 淀川シーバス | Comments(2)

昔買ったルアー&タックル2 ヘドン編

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

さて今回もオールドルアーの話でお茶を濁したいと思います( ^ω^ )ニコニコ

昨日に引き続き、第2回目はヘドンです。
ヘドンといえばオールドルアーの中でもぶっちぎりの一番人気ですが、
実は私は子供の頃はヘドンが嫌いでした。なぜかというと、
ヘドンのルアーはフックにスプリットリングが付いてないのでボックスに入れにくい
という美意識のかけらもない理由からでした( ^ω^ )アホ!

しかし20歳を越えたあたりからオールドブームに感化されてヘドンが好きになり、
お金の許す限り買い漁っておりました。

といっても、後に金欠に陥った時代にほとんど売ってしまったので
ほとんど手元には残っておらず、かなり少ないですがご紹介します。

【ザラスプーク】
e0247157_1016447.jpg

左が2ndザラ、残り2つがソリザラです。
これは90年代後半に購入したもので、ちょうどバスブームに乗っかって
オールドブームが到来した頃だったので、今の相場の約2~3倍の値段で買いました。
特に一番右の黒骨カラーは、ソリザラのクセに大して反ってないうえに
結構傷も多く、今考えると大損だったと思います。
でも、さすがはザラの中でも一番人気のソリザラ、動きも実際は素晴らしいです。

問題は一番左の2ndザラで、歴代のザラの中でも垂直浮きで妙にもっさりとした動きで
一番釣れる気がしませんでした。
あと2ndザラは、アイとフックハンガーに鉄板が埋め込まれており、やたら強靭な作りで、
バスよりもソルトの魚をメインターゲットにして開発されたのではと私は考えてます。
たぶん日本で使用するなら・・・青物に良いんじゃないでしょうか( ^ω^ )テキトー
ちなみに1stザラも持ってましたが紛失しました。

【タイガー/マグナムタイガー】
e0247157_10271210.jpg

e0247157_10273373.jpg

タイガーは結構数多く集めてました。
が、今では写真のものと、あと数個しか手元に残ってません。
たくさん持っていた理由は、単純にカッコイイのと、
オールドブーム当時から人気がなくて安かったからです(レアカラー以外は)。
タイガーといえばやっぱり反射板入り!特に、スミス別注のワカメカラーが秀逸でした。

【チャガースプーク】
e0247157_10313378.jpg

これ、昨日の記事でも載せましたが、チャガーもタイガーと同様、
当時はあまり人気がなかったので結構買い漁ってました。
が、橋桁にぶつけて破壊したり、売っ払ってしまったりして
手元にあるのはこの2つだけです。右のタイニーチャガーは約25年前に購入しました。

【ウンデッドスプーク】
e0247157_10365568.jpg

ウンデッドスプークの中でも結構最初の頃のモデルだと思います。
金目で、カラーリングもすごく丁寧でかっこいいです。
私が持ってるのはベーシックなウンデッドスプークですが、
ちなみにザラⅡのボディを元にしたウンデッドスプークは希少で、
オールドブームの頃は大学生初任給の手取りくらいの相場が付いてたと思います。
今の私だったらルンバとビーバーエアコンを買いますね。
あと最近、ウンデッドスプークが復刻してるとおもいきや、
現行ザラスプークのボディにベラを付けただけ、という
マニアに喧嘩を売るようなモデルも出てます。

【クランクベイト三兄弟】
e0247157_1049275.jpg

左からデビルダイバー、ビッグヘッド、ヘッドハンターです。
釣り場でまったく使ってないので特に思い出もないのですが、
デビルダイバーは私が子供の当時、生野銀山湖での日本記録63cmのバス
叩き出したと言われるルアーで、子供の頃の憧れの存在でした。
というか、生野銀山湖って今もデカバスで有名なんでしょうか?

・・・といろいろヘドンのルアーをご紹介しましたが、実は、
上述のルアーでは一匹たりとも魚を釣っておりません!ハハハ(^ω^≡^ω^)ドヤ?

というか、ヘドンのルアーでバスを釣ったのは
ベビートーピードとザラパピーとタイニークレイジークロウラーだけ!( ^ω^ )ニコニコ


ヘドンのルアーに関してはその他にも、部屋の隅っこのダンボール
まだ一部眠っているはずなので、もし見つけたらここに追記したいきたいと思います。

おわり。
[PR]

by paradise-garage | 2011-10-22 08:40 | ルアー偏愛狂 | Comments(0)

昔買ったルアー&タックル

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

私の周りが70cmオーバーはもちろん
90cm近いシーバスを連日のように釣り上げ、
大物記録に沸き上がっているここ最近の大阪湾周辺。

本当はとっとと淀川にシーバス釣りに行って
ランカーシーバス釣り上げちゃった!ドン♪ ハハハ(^ω^≡^ω^)ドヤ?
みたいな自慢記事を書きたいところなのですが
まだ体調が100%元に戻っておらず釣りに行ってません。
そもそもランカーシーバスを釣る自信もありません・・・。

というわけで、釣りに行けない時や、ネタ切れの時
私が昔やっていた、バス釣り時代のタックルを披露したいと思います。ハハハ(^ω^≡^ω^)ドヤ?

ちなみに私は現在では最新タックルしか使用してませんが、
もともとはかなりのオールドルアーオタクです( ^ω^ )φシコシコ

とはいえ、90年代後半のバスブーム&金欠の時に
コレクションのほとんどを売っ払ってしまったので
特に自慢できるブツはありません!( ^ω^ )ニコニコ

今も部屋の奥に残っているルアーたち
e0247157_1244263.jpg


【ストライキング/プロップスカウト】

はじめて買った(買ってもらった)ルアーです。
私が小学校のとき、街にお出かけしたときに兄と一緒に両親に買ってもらいました。

いきなりのウッド製ダブルスウィッシャーです。小学生には渋すぎるセレクトですね。
e0247157_126830.jpg


ちなみにあのビル・ダンスがテスター&推奨してます
e0247157_1282180.jpg


ビル・ダンスといえば下の動画が有名ですが、昔はもっとシリアスなキャラだと信じて疑ってませんでした。

ビル・ダンス氏ハプニング集



【ラパラ/シャッドラップ他】

その後しばらくはコーモランとかダイワとかリョービとか国産の廉価品を
小遣いで買っては地元の池や琵琶湖で投げ倒してたのですが、なかなか釣れず。

で、私がダイワのドリンカーを釣れもしないのに投げ倒す姿に見かねた両親が
こんな変なルアーじゃ釣れんやろ、
しゃあないから高いけど釣れそうなルアー買ったるわ

と言ってくれて買ってくれたのがラパラでした。

左がシャッドラップSR-5、右がフローティングF5
e0247157_12141119.jpg

確か、シャッドラップのSD(シャッド)カラーは初回バージョンとそれ以降のバージョンで
微妙に異なっていて、こちらは旧シャッドカラーだったと思います(間違ってたらすみません)。
ちなみにラパラを使ったら私でも簡単にブラックバスが釣れました。ラパラは凄い。
でも、右のF5では一匹も釣ってません。理由は軽すぎて前に飛ばなかったからです。

【バグリー/スムー】

これまた小学校の時、通信販売で買ったものです。
実はこれが私が初めてブラックバスを釣ったルアーです。

かなり変な形のクランクベイトです
e0247157_12224157.jpg

強烈なウォブリングアクションが持ち味のクランクベイトですが、
巻き抵抗がきつくて子供時代の私には酷なルアーだったと記憶してます。

【ヘドン/チャガースプーク】

オールドではド定番のヘドンもまだ少しだけ手元にあります。

右が小学校の時買ったタイニーチャガー、左のベビー(エビスコ物)はもっと後に購入
e0247157_1249446.jpg

チャガーを初めて買ったのも小学校の時で、
真夏の炎天下、琵琶湖の漁港で投げ倒してました
釣れませんでした( ^ω^ )アタリマエジャ!

・・・と、こんな感じでヒマを見つけたらまだ手元に残ってる昔のルアーを紹介
していこうと思います。

ちなみに大学時代に使ってたロッドとリール。リールのABU2500Cは2代目
e0247157_12515019.jpg

当時は主に、このタックルにマッチする、1/4~1/2ozのルアーを主に使っていました。
ちょうどこの時代に、道楽(dowluck)の名前がちらほら出始め、
5/8~1ozの大きめのトッププラグでバスを釣るのがカッコイイと言われ出してた頃で、
ひねくれ者の私はこのタックルで
ポップRやベビートーピードをメインに使っておりました( ^ω^ )ハハハ
[PR]

by paradise-garage | 2011-10-21 12:52 | ルアー偏愛狂 | Comments(0)

淀川汽水域キビレ考察 番外編 フォールの重要性?

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

せっかく嫁から釣りに行っていいぞ許可をもらったのにもかかわらず、
今度は体調不良で釣りに行けなくなってしまいモチベーションだだ下がり中。

せっかく今年こそシーバス80cmオーバーを釣っちゃうぞマカセトケ( ^ω^ )ハハハ
と思ってたのに、早くも暗雲が立ち込めて参りました( ^ω^ )ニッコリ

という訳で今はYoutubeで釣り関係の動画を観てなんとか英気を養っております。

【淀川キビレ考察 番外編 フォールの重要性?】

今回は淀川キビレとはあまり関係無い話です。

私のTイッターのFォロワーさんのなかに、
消しゴムをエサにチヌをボコボコ釣りまくる
チヌの落とし込み師がいます。

消しゴムはある程度の大きさを使用し、
無印の大サイズの消しゴムを8等分して少し角を削ったもの、それを
針に付けて落とし込むだけ
だそうです。

ちなみに無印の物が良いそうです
e0247157_13525526.jpg


その方いわく、色はまったく関係なく、
消しゴムの素材によるフォール速度のみが大切
だと仰ってました。

・・・と、そんな感じで、それ以外に私は全容を知らないので
「だそうです」としか書けないのが悲しいですが、
フォールって釣りにおいては匂い以上に大切な要素だと思ってます
(これはキビレ釣り以外でも私が痛感していることです)。

で、チヌ(クロダイ)の落し込み関連の動画を探していたら、
こんな興味深い動画を発見しました。

球形のワームでクロダイ爆釣


関東のチャーター船のようですが、
上で書いた事項と似たような仕掛け、球形のワームを独自で開発して
それでチヌ(クロダイ)を釣っておられます。


私がまったく使用しないチヌボンボンもそうですが、
やっぱり球形でフワッとフォールする動きって
チヌやキビレが好む要素を持っているのでしょうか?
興味深いです( ^ω^ )φシコシコ
もちろん上記で挙げた例は、ある程度の水深のある港湾部での話ですが・・・。

で、淀川ではどういった釣り方が一番良いかということについては
ぶっちゃけいまだに良く分かりませんが、
今年なんとなく感じたことは、
ファット目な浮力のあるワームで
フワッとフォール&ボトムをドリフトさせるのが一番効果があった気がします。
(個々のシーズンパターンもあり、あくまで広義的な意見です)


シーズンオフらしい話題でした。
[PR]

by paradise-garage | 2011-10-18 12:55 | キビレ考察&タックル | Comments(2)

淀川汽水域キビレ考察5 シーズン中盤のパターン

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

淀川汽水域のキビレのルアー釣りを始めて3年目。
まだ3年という短い年数ですが、だんだんと分かってきたこともあれば、
まだまだ分からないこともたくさんあります。

なかでも、特に今年(2011年)痛感したことは、
淀川のキビレって、キビレシーズン内のなかでも、期間を経て
いろいろと釣れ方のパターンが変化している
ことです。

そこで、淀川汽水域のキビレシーズン内における
パターン変化についていろいろと考察していこうと思います。

【淀川汽水域キビレ考察・第5回】シーズン中盤のパターン

シーズン中盤は、
状況に応じて攻め方を変える!


・・・が正しいかどうかはいまだによく分かってませんが、
私は今年やっとこさ気づきました。

まず、シーズン中盤は
梅雨入り~梅雨明け~盆前
と定義付け
します。

海のブルーギルこと小キビレが沸き始めるのもこの頃から
e0247157_13323552.jpg


他でも書いてますが、実は今年、ナイトで屈辱の4連続ボウズを喰らいました。
釣り方はシーズン序盤と同じく、ガルプサンドワーム2インチ+ARリグ7gのズル引きですが、
なんの反応も無くなってしまいました。

そして今年の話ではありませんが、
去年は梅雨に入ってから上述と同じ釣り方で3連続ボウズを喰らい、
淀川汽水域を諦めて他の釣り場に行くという逃げの一手に走りました。

でも、釣ってる人はしっかり釣ってるんですね。
去年、私が必死でガルプを使ってる近くで、
ボンボン+カッティングベイトであっさりキビレGETしてる人に遭遇したときは、
我ながら情けなくなりました。
ガルプこそ最強!
と信じて疑わなかった私にとって、かなり凹みました。
カバンと手が臭くなるだけやないか・・・(´;ω;`)ウッ...

という訳で、
なぜ、ジグヘッド+ガルプのズル引きで釣れなくなったのか?

せっかく淀川沿いに引っ越したのに情けない!
今年は意地でも淀川で釣ってやる!

という気持ちで、いろいろと今年は試してみました。
で、どうなったかというと・・・

以下に、原因(仮説)と対策・結果・検証についてまとめてみました。





【仮説】なぜジグヘッドのズル引きで釣れなくなったのか
(1)ベイトがシジミからハゼやテナガエビ、イナッコにスイッチした
(2)キビレの目線が、特に夜になると明らかに中層から上を意識している時がある
(3)雨でボトムがゆるゆるになり、ジグヘッドリグだとルアーが泥に埋まってキビレが気づかない
と勝手に考えてるのですが、みなさんはどう思われますか?( ^ω^ )φシコシコ

【対策】いろいろ試してみたこと
(A)とりあえず馬鹿の一つ覚えみたいなジグヘッドリグでのズル引きをやめる
(B)フローティングミノーやクランクベイトを使ってみる
(C)浮力の高いワームを使ってボトムぎりぎりをトレースさせる方法に切り替えてみる
(D)淀川汽水域は諦めて他の釣り場に行く


【結果】果たして釣れたのか
(B)フローティングミノーやクランクベイトを使ってみる
→あっさり釣れました

e0247157_12264049.jpg


(C)浮力の高いワームを使ってボトムぎりぎりをトレースさせる方法に切り替えてみる
→あっさり釣れました

e0247157_123148100.jpg

・・・今までの苦悩はなんだったのか?( ^ω^ )ハァ?

【検証】なぜ釣れたのか
(B)フローティングミノーやクランクベイトを使ってみる
ハゼやテナガエビを意識した動きだから釣れた?
ミノーはスミス/サラナ95Fを使用しました。
本当に、びっくりするくらいあっさり釣れました。
しかもジグヘッドのズル引きで無反応な場所で連発しました。
あと、ボイルがあったので投げたら着水すぐにキビレがヒットしたこともありました。
明らかにキビレが底よりも上を意識してるんじゃないかと感じました。
ちなみにサラナは、知り合いのシーバスアングラーの方に教えてもらったルアーで、
フローティングの割には結構潜るタイプで、淀川汽水域の遠浅ポイントでは
表層はもちろん、中層~ボトムをある程度自由にトレースできるので使用しました。
別にこのルアーじゃなくても、表・中層~ボトムを引けるルアーだったら
なんでも良いんじゃないか
と思ってます。
私の場合、家にサラナが大量にあったので使っただけです。

スミスのサラナ。去年、シーバス用に大量購入しました(異常ですね)
e0247157_12384124.jpg


(C)浮力の高いワームを使ってボトムぎりぎりをトレースさせる方法に切り替えてみる
上述と同じく、ハゼやテナガエビを意識した動きだから釣れた?
ワームですが、エコギアアクアの海老という、テンヤ用のちょっと浮力&ボリュームのあるワームを使い、
ボトムを流れにまかせてドリフトさせるように動かしてみたら
劇的に釣果が良くなりました。しかもGoodサイズばかり。

エコギアアクアのテンヤ用の海老4インチ
e0247157_12233449.jpg

個人的に今季キビレの私のMVPルアーはこれで決まりです。
が、このルアー、値段が高く、脆すぎて1匹釣れたらちぎれてどこかに飛んでいく、などの大きなマイナス点もあるので、
来年はこれに代わるルアーを探すのがカギとなりそうです。

・・・ということで、梅雨以後、
明らかにキビレの釣れるパターンが変化していることが分かりました。
私の釣り方が正しいかはまだまだ疑問ですが・・・( ^ω^ )サーセン

というか、これは去年からうすうす感じてたことなのですが、
ジグヘッドリグでのズル引きって、
ぶっちゃけシーズン序盤のシジミパターンと、
終盤のハイパー荒食いタイムの時だけのような気がします。

実際、去年は、淀川のみならず他のポイント(西宮の激釣れポイント)でも、
なんで着水→フォール直後でしか釣れへんのやろか~( ^ω^ )?
とずっと思ってたのですが、たぶんベイトのパターン変化がその理由なんですかね?

さらに言えば、そもそも最初っから
時期がどうこう、と考えるよりも、
その都度その都度の状況に合わせた臨機応変な釣り方
大切なのかもしれません。

話があまりまとまってませんが、今回はこの辺で( ^ω^ )φシコシコ
[PR]

by paradise-garage | 2011-10-14 13:00 | キビレ考察&タックル | Comments(0)

淀川汽水域キビレ考察4 毛馬大堰との関係

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

淀川汽水域のキビレのルアー釣りを始めて3年目。
まだ3年という短い年数ですが、だんだんと分かってきたこともあれば、
まだまだ分からないこともたくさんあります。

自身への覚書として、または新たな手がかりを掴むための一歩として、
ここで定期的に記していこうと思います。

【淀川汽水域キビレ考察・第4回】毛馬大堰との関係

今回は毛馬大堰と淀川汽水域の関係について書きたいと思います。

毛馬大堰から多量な放水があると、
汽水域のキビレの活性は下がる!


・・・が正しいかどうかは断言はできませんが、私はそう思ってます( ^ω^ )ヘラヘラ

毛馬大堰からの放水は、淀川のキビレ釣りでは予測不能で厄介な事象だと思ってます。
やたら高活性で今日は絶好調!( ^ω^ )ハハハ と思ってたのに、
上流から流れてくるゴミの量が増えてきたな~と思った途端、
急にアタリがなくなった
…という経験を何度もしてるからです。


■毛馬大堰と放水について

汽水域と淡水域を分ける毛馬大堰は、一定時間ごとに放水を行なっています。

汽水域と淡水域を分ける毛馬大堰
e0247157_1350910.jpg


毛馬大堰すぐの下流部は普段はこんな感じですが
e0247157_13503163.jpg


まとまった雨が降るとこんな感じになり
e0247157_1351424.jpg


さらに、放水が始まるとこんな感じになります
e0247157_13512962.jpg


放水量はバラバラで、毛馬大堰付近から離れている場所だと
放水のタイミングは分かりませんが、

・上流からゴミがどんどん流れてきたり
・上流からの流れが急に出てきたり
・水が少し冷たくなったりすると


放水してるんだな、と分かります。


■放水とキビレの活性との関係

前々から感じてたのですが、淀川汽水域では
上述のような多量な放水が始まると、
キビレのアタリが急に渋くなる
ような気がします

(シーバスに関してはド素人中のド素人なので分かりません。
逆に良く釣れると言われてますが、どうなんでしょうか?)。

理由ははっきり分かりませんが、

・多量の淡水が流れてきて塩分濃度が急に下がったから
・水温が急に下がったから


が原因じゃないかと勝手に考えてます。


■濁りとキビレの活性との関係

雨が降ると放水したりだだ濁りになったりと忙しい淀川汽水域ですが、
基本的には濁ってて流れのあるときのほうがキビレはよく釣れます。
そのくせ放水状態になると急に渋くなるあたりが、
淀川の天邪鬼でややこしいところです。

基本的に濁り+流れのあるときは釣れます
e0247157_13544073.jpg



■参考資料:淀川河川事務所ホームページからみる放水状況

いつ放水してるのか、どれだけ放水してるのか、
水位はどれくらいあるのか、という状況を判断する材料として、
淀川河川事務所のホームページがあります。

http://www.yodogawa.kkr.mlit.go.jp/

HOME > 淀川LIVE情報
e0247157_15252580.jpg


「水位・雨量情報」ページの「毛馬水門」→「放流量一覧」で…
e0247157_15261414.jpg


淀川支流、大川からの放水量詳細が見れます
e0247157_1526423.jpg


あとは、淀川各地の様子をライブ映像で観れるコンテンツもあります。

HOME > 淀川LIVE情報 > 映像で見る淀川
e0247157_15271687.jpg


MAP上の各地点をクリックで映像が観れます
e0247157_13581477.jpg



で、以前はこのサイトを出撃前に必ず見てたのですが、

結論から言うと・・・

淀川の状況は、
実際に釣り場に着いてみないと
分かりません!( ^ω^ )ナンジャソリャ!


結局のところ、
雨が降ったあとは水位も増え、
放水量も多くなるだけの単純な話で、

それに加えて、
数値と状況が一致しない時もよくあるので、
結局は淀川に行ってみないと分からないです。

そもそも淀川河川事務所のホームページは釣り人のための
ものではなくて、周辺住民への防災喚起が主だと思いますので
当然といえば当然ですが…( ^ω^ )φシコシコ

と色々と話しが脱線しましたが、
無理矢理話をまとめますと、
毛馬大堰からの放水と淀川汽水域のキビレとの関係については、
まだまだはっきりと分かってない部分も多いので、
来年はもっと検証していきたいと考えてます。

というかこの記事、要約すれば3行程度で書ける内容ですね。
だらだら長くなってしまいスミマセン( ^ω^ )ハハハ
[PR]

by paradise-garage | 2011-10-12 08:47 | キビレ考察&タックル | Comments(2)

閑話休題 最近買ったもの

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

午後9時。

今日も淀川へ釣りに行っちゃうゾ~( ^ω^ )ニコニコ

・・・と準備してたら、

妻から、

どんだけ釣りに行ったら
気が済むんじゃボケー!!( ^ω^#)


と叱られたので今日は釣りに行けませんでした( ^ω^ )φシコシコ

というわけで、最近購入したシーバス用のルアーを公開。

毎度おなじみのバリッドと邪道の新作・ERDA86(アーダ86)
e0247157_23295860.jpg


バリッドは最近これでしか釣っておらず使用頻度が非常に高いため、
根掛かりしてロストした時の補充に購入。いかにも釣れそうなカラーです。

もう2つは邪道の新作、アーダ86。
邪道のホームページを見たらやたらと宣伝が上手かったので
それにまんまと乗せられて購入。


というかシーバス関係のメーカーって、バスルアーメーカー以上に
宣伝が上手い気がするのは私だけでしょうか?

しかも大抵、これはヤバイだの釣れ過ぎるだの煽り文句が凄い。
ド素人の私にとっては、どれを選んだらいいのかさっぱり分かりません。
シーバス釣りってキビレ釣りの5倍は金のかかる釣りですね。

とそれは余談として、アーダ86は、長い開発年月を経て誕生した、
不軌道な千鳥アクションが売りの新しいタイプのミノーとのこと。

とりあえず近いうち、実戦投入してみる予定です。
[PR]

by paradise-garage | 2011-10-11 23:49 | 淀川シーバス | Comments(0)

10/10 淀川シーバス釣行

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

今年から本格的に始める、淀川シーバス。
今年ジャスト10回目の釣行で、2連続ボウズ後の釣行です。
3度目の正直でなんとか結果を残したいところです。
が、釣り以外の趣味である、ロードバイクで約50kmの道のりを走って
帰宅した直後での釣行なので出撃前からすでにヘロヘロです(←アホ)


最近の淀川はかなり水が澄んでるので、
いつもは先発であまり使わないルアーのカラー、クリアベースのものを先発投入。

先発はコアマン/アルカリのクリアチャートベリー
e0247157_23424043.jpg


エントリーはいつもの場所から。というか自転車ですぐ行けるのがこの付近だけ。
このポイントですが、濁りが入ってないとほとんどアタリすらないのが
最近分かってきました。

いつものポイントへ
e0247157_23205510.jpg


例によって水はクリア。
ただし結構ゴミが多く流れてきてます。毛馬大堰から結構多めの放水があったようです。


・(30分経過)


案の定、セイゴっぽい小さなアタリが2回ほどあっただけで釣れません。
時間的には下げのタイミングでちょうどよいはずなのですが・・・。

そしてこれまたいつも通り、場所移動。次のポイントへ。

2つめのポイントへ
e0247157_2321346.jpg


とりあえずセイゴでもいいので1匹釣りたいので、
ゴロタ石から数メートル先のシャローにそってアルカリをトレースしていきます。


・(30分経過)


で、大抵は必ず何かしら反応のある場所でも反応なし。
ルアーチェンジ!

ドリフトペンシル90のシルバーフラッシュカラーを遠投し、
スローで流しますが・・・


・(30分経過)


これまた反応なし!

頭の中に3度目のボウズが浮かび上がります。

あーぜんぜん釣れね~( ^ω^ )
淀川中流よりもやっぱ河口かな~( ^ω^ )
南港とかいっぱいシーバス釣れとんのやろな~( ^ω^ )
淀川汽水域は海に比べてやっぱ魚影が薄いもんな~( ^ω^ )
もっと海に近い方に引っ越したいな~( ^ω^ )


あかんわ~帰ろ~( ^ω^ )ヘラヘラ

その前に最後にバリッド遠投してから帰るか~
(ちなみに9/28に、60cmくらいのシーバスをバラした場所)

おリャ~~~~(遠投)

ルアー投げごっこは楽しいな~( ^ω^ )ニコニコ





楽しいな~( ^ω^ )ニコニコ





「ゴンッッッ!!!」





・・・釣れました( ^ω^ )マジデ?

10回目の釣行にしてやっとの50cmUP、57cm
e0247157_23211169.jpg


宝の持ち腐れだった風神Zネオンナイトがようやくまともな仕事をしました。

ヒットゾーンはいつも何かしら反応のある、岸から約10m先のブレイク。
バリッドのボトムゴリ巻きでのヒットでした。
というか水がクリアになってからは、バリッドのボトムゴリ巻きでしか釣ってないです。

またバリッドに助けられました
e0247157_2324176.jpg


帰り際のまぐれとはいえ、素直に嬉しいです。

■日時:10/10 釣行時間20:30~22:30
■シーバス:1匹(57cm)
■Rod:スパルタス・風神Zネオンナイト83L
■Reel:シマノ・ツインパワー3000SDH
■Line PE:YGK・WX8 20LB
■Line Leader:クレハ・R18フロロリミテッド 16LB
■Lure:バリッド70HW

[PR]

by paradise-garage | 2011-10-10 23:21 | 淀川シーバス | Comments(2)