<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

自身のブログ記事を評価する ~自分で自分を褒めてあげたい~

皆さんお久しぶりです。
生きてましたか?それとも死んでましたか?
僕は死んでましたけど。ははは。

私は釣りという趣味を辞めてからというもの、
毎日キビレのことばかり考えて過ごしています。嘘やけど。

あ、こんなものを買いました。
45,000円の物干し竿です。
e0247157_22504190.jpg
Tiro PROTOTYPE GOTPS-792ML-Tって書いてあります。なんやこれ?
買ったはええけどすぐ部屋のどっかにいってもうたわ。何処行ったんやろ。ははは。
しかしながら最近の物干し竿って4軸カーボンを使ってるんですね。
洗濯業界のことは僕はよく知らないのですが、どの業界も日々進化しているんですね。


さて今回の本題です。

ブログを書くということは難しくて、
文章力やセンス・表現力はもちろんのこと、
さらには書き手の人柄など
さまざまな要素を以って
読み手を楽しませなければなりません。

特に、書き手の人柄は大切で、
文章力云々よりも文章からにじみ出る人間性こそが
文章における根幹になるものだと考えています。

とりわけ私の場合、あまり人には話さないのですが
自分自身の性格について自己分析すると、

・超神経質

なのであります。


なにが超神経質なのかというと、

例えばtwitterのようなどうでもよいSNS上で
つぶやいたり誰かに返信したりする際、

・文字の一文字どころか句読点の位置/種類まで考えなければ気が済まない

という困った性格なのです。


例を挙げるなら、


【A】(  ՞ਊ ՞)<あー、ガルプ汁飲みたいわー。ははは。
【B】(  ՞ਊ ՞)<あー。ガルプ汁飲みたいわー。ははは。

の場合、

【A】(  ՞ਊ ՞)<あー、ガルプ汁…(以下略)
が正しい

と考えています。

【B】(  ՞ਊ ՞)<あー。ガルプ汁…(以下略)
の場合は、

・実際に声に出してみてください。
センスの良い方なら何かが違うと感じるはずです。


そんな感じで、何が言いたかったかというと、




言いたいことを忘れました。ははは。




さて、前置きが長くなりましたが、
最近、このブログを最初から読み返してみました。
そこで感じたこと。それは、

・最初一年間の記事の糞つまらんことつまらんこと。

とりあえず自己嫌悪に陥りました。
なんてセンスが無いのか。


笑いのツボというのは十人十色なのでなんとも言えませんが、
私自身が心がけているジョークというものは、

・不条理であること

であります。

さらに細分化すると、

・不条理であること

 L ・事象を真逆にする

 L ・ありえない物に置き換える

 L ・同じフレーズを繰り返す

 L ・不快ギリギリ一歩手前の下ネタ


という感じでしょうか。
さらに詳しく言えば、

・事象を真逆にする
(例)12月に「(  ՞ਊ ՞)<あー、TUBE聴きたいわー。ははは。」とつぶやく

・ありえない物に置き換える
(例)(  ՞ਊ ՞)<傘忘れたのにションベン降ってきたやんけー。ははは。

・同じフレーズを繰り返す
(例1)フンニャカ♪┏(^ω^ )┛フンニャカ♪┗( ^ω^)┓フンニャカ♪┏(^ω^ )┛フンニャカ♪
(例2)これもひとえにグルへの帰依のお陰です ※「和歌山&南港からの刺客」記事参照


・不快ギリギリ一歩手前の下ネタ
(例)(  ՞ਊ ՞)<あー、ウンコ尻から注入したいわー。ははは。

と、不条理というべきか否か迷うべき点もありますが、
これらの要素を私は常に念頭に置いた上で、
ブログを書いたり、twitter上でつぶやいたりしているのです。


そんな感じで、何が言いたかったかというと、




言いたいことを忘れました。ははは。





と、前置きが長くなりましたが、
今回のメイン記事ですが、

これまでのブログ記事の中で、
・個人的に面白いじゃないか
という記事をピックアップしてみました。

とりあえず印象に残っている7つを以下に紹介したいと思います。



【第7位】綺麗事を言わない包み隠さず伝える釣行記
e0247157_23404676.jpg

実はこの記事、私の中では今までにないコンセプトで書きました。
それは、

・勢いだけでどこまで面白く書けるか

です。
しかし、これが非常に難しかった。
実際は3回ほど書き直ししてます。
また、本採用した記事も、実はもともとその2倍以上の
文章量だったものを、限界まで削って削って、
ダイヤを磨くように成形していく作業を行ってます(これは普段から行っていることでもありますが)。

なおこの記事ですが、実は

・過度なモラリズムとその欺瞞

という裏テーマが隠されているのですが
分かりますでしょうか。分からんかったらいいです。



【第6位】奈良チニング遠征
e0247157_23480847.jpg


・奈良へチヌを狙いに行こう!

というテーマのもと、作成しました。
序盤のハゼングのことはどうでもよいのですが、
奈良でチニングを楽しむ様子を
写真を交えて楽しく書けたと思っています。

さて奈良旅行のことですが、
記事では面白おかしく書いてますが
実際はそれはそれはもう大変で、

・絶望的すぎる凶悪な坂道
・ひたすら追ってくる蜂との戦い
・あまりの激坂に嫁が泣き出す


など、話題が尽きないイベントだったことを
ここに裏話として記しておくことにします。


さて奈良でチニングと称して訪れたレストランの写真ですが、これは

・リストランテ イルンガ(イタリア料理)
・玄(蕎麦/日本料理)


というお店で、いずれもミシュランガイド1つ星の名店だったりします。

特にリストランテ イ・ルンガは、
フランスのタイヤ会社が忌み嫌うイタリア料理というジャンルの中で、
関西ミシュランガイドの歴史で唯一の1つ星獲得
という功績を成し遂げた凄い店です。
一度行ってみてくださいね。ディナー1人15,000円~と激安です。高いわ!ははは。



【第5位】2012/5/26琵琶湖ブラックバス釣行
e0247157_23514571.jpg

これ、釣果自体はほんと毒にも薬にもならない
微妙極まりない釣行で、笑いに昇華しづらく
記事にするのにとにかく悩みました。

美味しんぼのラーメン三銃士(ガチムチタンク野郎)に
狂ったことを喋らせるネタ
をシリーズ化しようと思いついたのも
この記事からだったりします(たぶん)。



【第4位】和歌山&南港からの刺客
e0247157_23422505.jpg

初めて人の顔が晒された記事じゃないでしょうか。

・ガイド役に徹し余裕ぶっこく

・翌朝に同じ場所でまさかのボウズを喰らう

・同じ日の夜に復讐を果たす


というストーリー展開が上手くできたと思います。

ガイドの時に全員釣れなきゃダメだし、
翌朝にキビレが釣れたらダメだし、
同じ日の夜に一定の釣果を出さないとダメだし、
すべての要素が運良く重ならないと
うまく記事にできなかったですね。

それにしても2013年の淀川キビレは、
早朝釣行で痛い目にあうことが多かったです。
2012年はそこそこ釣れたのですが、理由は分かりません。ジョボジョボ~。ははは。


【第3位】2013/6/2(日)淀川クラゲ釣行
e0247157_23450437.jpg

クラゲ釣行2013年verです。
結構反響が大きかったこの記事ですが、
実はこの記事、個人的には満足しておりません。
むしろ文章としてはダメです。
気取った文体を書こうと苦慮しているのが散見されるうえ、
その割に語彙力が明らかに足りず、それほど面白くない。

ただこの釣行、卒塔婆がヒットしたことが大きかった。
本来オフシーズンであるはずの卒塔婆が釣れるとは思いもよりませんでしたね!
卒塔婆ですべて救われた気がします。

ちなみに卒塔婆というゲームフィッシュ、
8月の淀川灯篭流しの直後から約10日ほどの間、
一気に卒塔婆の群れがやってきて祭り状態になるのはここだけの話です。
ただ、見え卒塔婆はバイトがあってもフッキングが難しいので、
細軸のトリプルフックが付いたルアーのファストリトリーブがキモといえます。
卒塔婆狙いのアングラーさんはぜひ参考になさってください。
これはシークレットですよ!


【第2位】2012/5/29淀川早朝キビレ釣行
e0247157_23463155.jpg

2012年に公開した、元祖クラゲ釣行記事です。
個人的には2013年verの記事よりもこちらのほうが気に入っており、
文章の流れが自然で上手く書けたと自負しております。
実はこの記事の文体、元ネタがあって
バルサ50の則さんのコラムに対するオマージュなのです。
プラッギィングなどといった言い回しがその顕著な例です。

まあ、

・ぶっちゃけ釣行自体はタダの糞ボウズ

なのですが、釣り場がクラゲまみれだったこともあり、
キビレの反応がないと分かった瞬間、
すぐに「よし!クラゲを狙いに行ったことにしよう!」と思いつきましたね。

それにしても釣りブログとは他のブログと異なって特殊もので、

・沢山釣ったことを記事にしても面白くもクソもない

のですが、ボウズとか酷い目に遭った時のほうが
断然面白い記事が書ける
ものだと痛感しております。
この記事は、その代表例と言えるのではないでしょうか?





【第1位】2012/5/8淀川キビレ釣行
e0247157_23435835.jpg

たぶん二度と書けないであろう、私の一番のお気に入り記事です。
この記事の経緯ですが、

・ウェーディング中に真後ろに転倒した挙句キビレをバラす

というまあまあ危険な失態を犯したことについて

・どこまで面白おかしく誤魔化そうか

と考えあぐねた結果、誕生した記事です。
とりあえずまず最初に、はだしのゲンの有名フレーズである

・くやしいのうくやしいのう

というフレーズを、漫画の画像とともに利用しようと
思いつきました。が、しかしそれだけでは面白く無い。
そこで頭をフル回転させて考え考え、
うーん、もしかしたら・・・

・記事全部をはだしのゲンの画像だけで構成できるのではないか

と思いつき、とにかく時間をかけて試行錯誤した結果、
奇跡的に記事が完成したという次第です。

特に気に入ってる箇所は、

・オランジーナを飲んでる場面
・リールに見立てたババア
・キビレに見立てたしゃれこうべ

です。

実を言うとこの記事、あまりにもふざけすぎてるため

・やっぱり下書き状態にしてお蔵入りにしよう

と思った矢先、閲覧者の方からコメントを頂いたため
もうヤケクソで公開のままにしたというのは懐かしい話。
しかし、この記事をきっかけにブログの
アクセス数が突如爆発的に増えた記念碑的記事でもあるので、
今となってはこの記事を公開してよかったと考えています。

あと、この記事の次に美味しんぼをネタにして
のはここだけの話です。氏ね!

以上がこれまでに公開した中で気に入っている記事の紹介でした。




ところで、当ブログは実はかなりのボツ記事があります。

なかでも特に我ながら際立っているボツ記事というのが、

・キビレラップ

というものです。
これは読んで字の如く、
淀川キビレをテーマにしたオリジナルのヒップホップ
の楽曲で、そのリリック(歌詞)を綴ったものであります。

で、この記事をお蔵入りにした理由ですが、

・純粋に恥ずかしい。もし親に読まれたら絶縁されそう。

からです。


このキビレラップ以外にも、

・古文で書く釣行記 → 途中で面倒くさくなって書くの止めた。しかもつまらん
・閲覧者にあえて喧嘩を売る釣行記 → ガチで不快なのでボツ
・淀川ングング釣行 → シュール過ぎたので
ボツ

など、ボツにした記事は色々と存在してます。
私のブログの更新が遅いのはこのようなボツ記事が多く存在するのが
要因の一つでもあります。



そんな感じで、何が言いたかったかというと、




言いたいことを忘れました。ははは。



おわり。



【今日の一曲】
山下達郎 - アトムの子(Live)


[PR]

by paradise-garage | 2013-12-15 00:49 | その他釣行 | Comments(17)