<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大阪パブリックアート特集

大阪には数多くのパブリックアートがあるのを
ご存知でしょうか。

パブリックアートとは、
公園や道路など公共空間に設置されるオブジェのことです。

例えば、大阪では万博記念公園にある、
太陽の塔がその代表格といえます。
e0247157_2095620.jpg

太陽の塔は今更語る必要がないほど有名ですが、
実は大阪市内にも、いろいろなパブリックアートが存在します。


例えば、西梅田のハービス大阪周辺。
この界隈を歩いたことがある方なら、
一度は目にしたことがあるはずです。

[作品名:壁抜け猫/作者:松永真]
e0247157_20105369.jpg

グラフィックデザイナー、松永真氏の作品。
周辺には氏によるユニークな作品が
他にも何点か見ることができます。

[作品名:自問自答/作者:松永真]
e0247157_20112439.jpg


[作品名:右・チチンプイプイ/左・ほほえみ/作者:松永真]
e0247157_2011409.jpg


[作品名:跳べないワ/作者:松永真]
e0247157_20115683.jpg


[作品名:用心棒/作者:松永真]
e0247157_20121259.jpg


ハービス周辺には、
松永真氏以外の方の作品も展示されています。

[作品名:ハピネス/作者:谷山恭子]
e0247157_20122672.jpg


[作品名:ミラージュ/作者:谷山恭子]
e0247157_20123320.jpg


また、ハービス大阪から阪神百貨店へ
向かう途中にもいくつかの作品を見ることができます。

[作品名:げんつきげんちゃん/作者:???]
e0247157_20125010.jpg


御堂筋沿いの淀屋橋~本町の南北はもちろん、
さらに肥後橋~中之島の東西にかけても、
数多くの作品が点在しています。

[作品名:雲の詩/作者:河原明]
e0247157_20125996.jpg


[作品名:十魚架/作者:天野裕夫]
e0247157_20131552.jpg


[作品名:風標/作者:斉藤均]
e0247157_20132690.jpg


また、最近の大阪では、
巨大アヒルのアート作品である、
ラバーダックも有名ですよね。
e0247157_20134680.jpg


昨冬、福島区・ほたるまち港にて、
クリスマスシーズンにラバーダックが展示されたのも
記憶に新しいと思います。
e0247157_20135964.jpg

また同時に、
中之島界隈でラバーダックのアートイベントが開催され、
周辺の施設にはラバーダックをテーマにした
さまざまな作品が展示されていました。
e0247157_20141140.jpg

e0247157_20142047.jpg

e0247157_20143477.jpg

e0247157_20144149.jpg


そこそこ昔からあるパブリックアートのなかで、
個人的に好きな作品がこちら。

[作品名:OSAKA VICKI/作者:Roy Lichtenstein]
e0247157_2015446.jpg

通称「リキテンスタイン看板」。
南船場~アメ村交差点にある、空調冷却塔の壁画。
ロイ・リキテンスタイン氏が、
1964年に制作した「VICKI」シリーズをもとに、
亡くなる直前に制作した作品といわれています。
縦約37メートル、横約15メートルと、
氏の作品を壁画としたものの中では世界最大級とのことです。


さて、淀川のキビレと
なんら関係の無い話が続きましたが、
実は、淀川のキビレと関係のある
パブリックアートが存在しているのをご存知でしょうか。

[作品名:巨大チヌ/作者:淀川テクニック]
e0247157_20151865.jpg

2010年の水都大阪・中之島会場で展示されていた作品で、
チヌをモチーフに、淀川河川敷のゴミを用いて作られています。
また、翌年の2011年3月、十三大橋付近の淀川河川敷でも展示。
写真は当時、十三大橋付近の淀川河川敷に
展示されているのを見つけ、撮影したものです。

この巨大チヌは、
淀川テクニックというアートユニットの作品で、
淀川の河川敷などを主な活動拠点としているそうで、
落ちているゴミや漂流物などを使い、
さまざまな作品を今も制作しています。


ちなみにここからは誤った情報なのですが、
このアート作品「巨大チヌ」の写真を眺めると
良い釣果に恵まれるという御利益があります。

この日も、巨大チヌの写真を仏壇に飾り、
ヘッドギアを装着、
オウム真理教のマントラを1万回唱えて
出撃することにしました。修行するぞ修行するぞ。ははは。

祈祷後、時間が空いていたので、
久しぶりにトップバトラーへ訪問しました。
お店に入り、宮平ご兄弟と青木さんとしばし談笑。
今年のキビレはいまのところ比較的好調なので、

(  ՞ਊ ՞)<もう30枚以上も釣っちゃいましたよ。ははは。

(  ՞ਊ ՞)<昼も夜も関係ないすね。ははは。

(  ՞ਊ ՞)<僕は向こうアワセっすね。ははは。

と、
まあまあ調子ぶっこきながら
今年の状況とキビレ論を
ドヤ顔で語りました。

そして次に、淀川河川敷へ
嫁と散歩に行きました。

河川敷に、立ちこんで釣りをされている
キビレアングラーらしき方を見つけたので、
その近くに降り立ち、聞こえるように
澄まし顔でこうつぶやきました。

(  ՞ਊ ՞)<…ええ水やね…。

(  ՞ਊ ՞)<…水が生きとるね…。

(  ՞ਊ ՞)<…今日はイケますよ。

(  ՞ਊ ՞)<…スイッチ入ってもうたね~淀川。

(  ՞ਊ ՞)<…一時間後くらいに連発しますよ~。




その後、家に戻り出撃。
目標は7匹ってとこかな?


えーと
とっとと結論言うと
ラインブレイク×2、根掛かり×7、計ルアーロスト×9
でしたね。
つまり一匹も釣れませんでしたね。
ロストしすぎてルアーケースがスカスカになりましたね。
2009年の6月の初キビレ釣行時に
おしっこCCベイツの
めっさ根がかるクソボソボソを
4投連続でロストした、
それを彷彿させる呪いの超絶糞釣果でしたね。
呪・呪・呪。
恨・恨・恨。
糞・糞・糞。
おわり。

【今日の一曲】
Erik Satie - Gymnopédie No.1

[PR]

by paradise-garage | 2015-05-27 20:43 | 淀川キビレ釣行 | Comments(8)

スカイビルの空中庭園へ。

自宅近所にあるスカイビルへ、
空中庭園を見物に行ってきました。
外人、特に鬼畜米英に大人気だそうです。

実はスカイビルの空中庭園は
家から近いくせに今回でまだ2回目です。
理由は、家から近すぎて
逆に行かなくなるパターンです。

そういえば昔、凶都という
キチガイマッドシティに住んでた時もそうで、
逆に神社仏閣巡りをしなくなるんですね。

大阪に引っ越すことが決まってから、
大急ぎでさまざまな神社仏閣を
機械的に巡ったのは良き思い出です。

e0247157_23331368.jpg

スカイビルの入り口です。
希望の壁という、草の生えた壁がオシャレですね。

スカイビルの2Fあたりまでは、
よくウンコしに行ったりするのですが、
空中庭園へわざわざお金を払っていくのは
新鮮な気分です。
e0247157_2336541.jpg


余談ですが私は、
立派なビルにわざわざウンコしに立ち寄ることが
人生における最上の喜びで、
スカイビルやグランフロントはもちろん、
あべのハルカスや
東京の六本木ヒルズ、
名古屋のモード学園スパイラルタワーズ
(蔑称:ドリルチンコタワー(略してDCT))など、
特にその3つのビルに関しては
ウンコ排泄の目的でしか
立ち寄ったことがないという、
そんな素敵な男性です。

余談はさておき、
今回、空中庭園へ行った目的は、
少し前に新しいデジカメを買ったので
その試し撮りでした。
e0247157_23342256.jpg

別に高価な一眼レフカメラではなく、
キビレ用の防水コンパクトデジカメなので
そこまですごい写真は撮れないのですが、
最近のデジカメはいろんな機能がついており、
ぜひ空中庭園で試したかったのです。

今回、一番試したかったのは、
「ジオラマモード」というカメラ機能です。
空中庭園から見下ろす大阪の風景写真だと、
その機能が存分に発揮されるのではと思いました。

ジオラマモードで撮影すると、
こんな感じになりました。
e0247157_23505446.jpg

風景がジオラマっぽく
可愛らしい感じに写ります。
e0247157_23395776.jpg



梅田の大都心です。
e0247157_2341738.jpg


グランフロント大阪です。
実はここも家から近いのですが、
冗談抜きでキルフェボンと
心斎橋リフォームとウンコ以外
まったく用がない施設です。
e0247157_23425443.jpg


広大なJRの貨物跡地です。
e0247157_2344149.jpg

ここの跡地には将来、何ができるのでしょうか。
JRと行政が発狂してあえてオール駐車場にしたら
賞賛の拍手を送りたいと思います。

阪神高速が貫通しているので有名な
TKPゲートタワービルも見えますね。
e0247157_23455082.jpg


福島エリアです。
e0247157_23472662.jpg


十三大橋周辺です。
ボラが跳ねているのが確認できました。
e0247157_23491531.jpg


淀川下流から河口に向かって。
逆光なので綺麗には撮れませんでしたが。
e0247157_23551229.jpg


淀川中流から上流にかけての風景。
いかに淀川が大阪の大動脈なのかがわかりますね。
e0247157_2357423.jpg


こんな感じで空中庭園から
見下ろしながら色々撮影を楽しんだのですが、
ひとつ気づいたことがありました。
それは何かというと、

・空中庭園から我が家のベランダが丸見え

だったのです。

私はよくベランダに出て、

・Pharrell WilliamsのHappyにあわせて
 全裸でちんちんを振り回して踊り狂う


のが人生における最上の喜び
なのですが、
 
・たぶんそれも丸見え

だったのです。

これには正直ショックを受けました。
大阪へ海外旅行にわざわざやってきた、
幾多の外国人観光客たちに、その
奇行を披露していたことになります。

さて、そんな大阪のイメージ低下に
一役買っていたことを
真摯に受け止め猛省したところで、
すぐに気持ちを前向きに切り替え、
淀川中流へ出撃しました。
e0247157_146165.jpg






上げ潮のタイミングで
釣れそうな感じはしましたが、
案の定、

((((  ՞ਊ ՞)))))))<ジュリアナーーー!!!トーーーーーキオーーーー!!!
e0247157_1464433.jpg


(  ՞ਊ ՞)<トーーーーーキオーーーー!!!
e0247157_147418.jpg


(  ՞ਊ ՞)<トーーーーーキオーーーー!!!
e0247157_1481287.jpg


(  ՞ਊ ՞)<トーーーーーキオーーーー!!!
e0247157_1483693.jpg


と好調でしたが、

が、ここからちょっと調子に乗ってしまい
釣りが雑になり、3連続バラシて
しまったところで納竿。
7ヒット4ゲットという結果でした。

そこそこの釣果でしたが
ちょっとモヤモヤする結果で
鬱憤がたまったので、

ベランダに出て、

Pharrell WilliamsのHappyにあわせて
全裸でちんちんを振り回しながら
踊り狂ってストレスを解消しました。


おわり。

【今日の一曲】
Pharrell Williams - Happy

[PR]

by paradise-garage | 2015-05-09 02:45 | 淀川キビレ釣行 | Comments(8)

京都へ小旅行(^o^)

釣りという人格破綻者養成レジャーを辞めてから
7年になりました。特にチニングとシーバスと
鮎釣りと渓流釣りをする奴等は
ガチのキチガイばかりなので皆さん
くれぐれも注意しましょう。

さて今回は、妻と京都へ
日帰り旅行に行ってきましたので
ブログに書きたいと思います。

京都への旅行は毎年恒例です。
いつもは一泊するのですが、
今年はGW中も仕事が常につきまとう
発狂状況なので、今年は
電車で日帰りにしました。

e0247157_22251596.jpg

阪急電車で梅田から約40分。
四条河原町に到着です。
京都には約6年間住んでいたこともあり、
訪れるたびに懐かしさを感じる場所です。

京都は本当に素敵な場所で、
京都在住時代からさまざまな思い出に
あふれた地でもあります。
そんな私の京都への想いを綴ると
枚挙にいとまがないのですが、
あえて3つだけ挙げると、

(1)京都人は表裏が激しい
(2)京都人は陰湿である
(3)京都人は性格がひん曲がっている

です。

さてこの日は、鴨川~木屋町~祇園界隈を
巡りました。

e0247157_22354847.jpg

鴨川沿いの川床です。
ガッチガチの鉄筋鉄骨が、
古都ならではの優美な文化を物語っていますね。


e0247157_22361628.jpg

京都の素敵なところは、
小さな仏閣でさえも、
風情にあふれていることです。

e0247157_22395014.jpg

がんこの分際でやたら風情があります。
ちなみにこの場所は、江戸初期の豪商・
角倉了以ゆかりの地でもあります。

e0247157_22452173.jpg

その角倉了以によって開削された運河が、
現在の高瀬川です。高瀬川沿いは、
京都を代表するであろう美しい場所です。

e0247157_23305627.jpg

高瀬川にはキビレが生息しているので、
チニングも盛んな一級河川です。
これについては後述したいと思います。

高瀬川にはマリーナもあり、
プレジャーボートも停泊していました。
e0247157_2251650.jpg


高瀬川沿いには私が昔から行きつけの
和菓子店があり、この日も立ち寄りました。
下の写真のものは紀州釣りに使うチヌ団子です。
e0247157_22512148.jpg


今日の一番の目的地、祇園です。
e0247157_22514254.jpg


相変わらずクソむかつくくらい
素敵な場所ですね。
e0247157_2252319.jpg


そして祇園町南側にある
こちらのお店へ伺いました。
e0247157_22575484.jpg

和食の世界では伝説の料理人だった方の
お店で、昭和35年創業の割烹です。
割烹自体は大阪が発祥の食文化ですが、
京都の割烹は、懐石料理を基礎とした
お店が多く、独自に発展を遂げています。

懐石料理ではおなじみの八寸(下写真)。
このお店らしくシンプルな盛り付けですが、
その中にも凛とした美しさがありますね。
e0247157_22523054.jpg

近年、京都の和食店で増えつつある、
華やかでショーマンシップあふれる
料理ももちろん楽しく、素敵なのですが、
このお店は、純粋に”味”を追求したような、
クラシカルな良さがありました。

e0247157_22524252.jpg

特に素晴らしかったのが椀物。
白味噌仕立ての汁に、
ねっとりとした味わいの
金目鯛(キビレの一種)が絶妙な一品。

刺し身。
e0247157_22543834.jpg


焼き物。
e0247157_22544998.jpg


炊合せ。わかめと筍。
e0247157_22551183.jpg


揚げ物。穴子の天ぷらのあんかけ。
e0247157_22552393.jpg


酢の物。蛸と鮑。
e0247157_2255548.jpg


これは完全にキビレですね。
e0247157_22561027.jpg


ご飯と香の物。筍ご飯でした。
e0247157_22562335.jpg

今までに食べた筍ご飯の中で
一番美味しかったです。

上に載せた写真だけでなく、
先付から果物まで、ほぼ完璧な流れで
大満足でした。素晴らしかったです。
京都人は性格がひん曲がってるので
いきなりぶぶ漬けを出してくるかと
戦闘態勢で臨んだのですが、
そんなことなかったです。
京都人は良い奴ばかりですね。

なお、京都の懐石料理は、実は一皿ごとに
四季折々に行われるさまざまな歳事のことなど、
すべて意味が込められています。
ただ美しいだけでなく、その意味を紐解き、
理解を深めていくことこそが、
より京都を楽しむ秘訣だと思っています。


さて腹ごしらえもしたので、
いよいよ高瀬川の木屋町ポイントへ出撃。

e0247157_22581061.jpg

今回のウェーダーは
前回のルンペン仕様ではありませんが、
これは先々代のウェーダーであり、
実際はあちこちに穴が空いている、
ウェーダーの体を成していない
もっとヤバいシロモノです。糞。

藪こぎ。嫁が嫌がっとるわ。ははは。
e0247157_2305486.jpg


いつものタックル。これを7万円で
売っぱらったら伝説の懐石料理店、未在に一人で行けますね。
e0247157_2313333.jpg


オンスタックルのドリルチンチンワームに、
8.8gのテキサスリグシンカー。
e0247157_2314818.jpg


ド干潮で遠浅なので
とりあえず遠くに向かってぶん投げます。
e0247157_2374260.jpg










((((  ՞ਊ ՞)))))))<ジュリアナーーーー!!!!トーーーーーーキオーーーーー!!!!
e0247157_2344475.jpg


((((  ՞ਊ ՞)))))))<トーーーーーーキオーーーーー!!!!
e0247157_2351659.jpg


((((  ՞ਊ ՞)))))))<トーーーーーーキオーーーーー!!!!
e0247157_2353498.jpg


4/26の淀川中流初キビレから
今のところボウズ無しでコンスタントに釣れてます。
あとついでに新しく買ったデジカメのせいか
写真が綺麗で楽しいですね。
おわり。

【今日の一曲】
Buddha Brand - ブッダの休日

R.I.P. DEV LARGE...
[PR]

by paradise-garage | 2015-05-05 23:25 | 淀川キビレ釣行 | Comments(6)