<   2015年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

シーズン中盤リザルトと忘備録

なかなかブログを更新する暇がありません。
中盤の途中結果と忘備録です。
e0247157_1113834.jpg

まずは中盤戦のリザルトです。
面倒くさいので下に並べます。

※4/26~6/5:計48匹
6/6:9匹(昼7/夜2)
6/7:5匹
6/10:3匹
6/12:3匹
6/13:3匹
6/14:3匹
6/15:5匹
6/20:3匹
6/21:0匹(巨大ナルトビエイ1匹GET)
6/25:0匹(なぜかシーバスだけ爆釣)
6/27:5匹
7/5:10匹
7/11:1匹
7/12:3匹
7/19:3匹
7/20:2匹
7/23:14匹
7/24:1匹
7/26:6匹

今シーズン計124匹(7/27時点)
※計算間違ってたらすみません

【忘備録:今年の状況について】

ざっくり書くと、

・かなり魚影が濃い
・特に雨後の活性が高い
・釣れ方が少し異なる


こんな感じでしょうか。


→かなり魚影が濃い
e0247157_1181288.jpg

僕がキビレングをはじめたのが2009年の6月からでした。
状況としては、その2009年に似ている気がします。
初めてキビレが釣れたのが2009年の7月なので
そこまで知った風には書けないのですが、
特に2009年のシーズン後半は、
当時宇宙一キャストが下手な釣り人だった僕が、
まともにルアーが前に飛ばない状態であるにも関わらず、
そんな糞腕前でも開始数分で速攻で釣れたくらい
魚影も活性も高かったと記憶しています。

ちなみに、

・当時のキビレラボは
一体どれだけキャストが下手なんだ。。。


と思われる読者に簡単に説明すると、

・とにかく前に飛ばない。6m飛んだら遠投扱い。

さらに当時はタックルがヤバかった。
穂先が折れてガイドが2つ欠損した
5ftのパックロッド(折れたので実質4.5ftくらい)に、
990円のリールにナイロン14lb直結、
3gのジグヘッドというスタイル。
これがオレのStyle。
関西トップアングラーの実力だ。
ドーーーーーン!!

そんなド級の糞タックルと糞キャストでも
よく釣れてた、そんな
イージーだった2009年に近い感じですね2015年は。

もちろん6月後半のごく一時期だけ
妙に渋かったりエイの大群が押し寄せたり
そんな状況もありましたが、
相対的には良い状況だと感じてます。


→特に雨後の活性が高い
e0247157_1235939.jpg

淀川汽水域はわかりやすくて、
雨が降ったりして川に流れが出ると
一気にキビレの活性が上がります。
そんな雨の降り方が今年は絶妙ですね。

ちなみに7月初旬に一発目のまとまった雨が降った後、
今シーズン第一弾のキビレ祭りがありましたよね?
そのとき僕は、体調を崩して病床に伏していました。
んで病床でファイブコアブログを見たら、
なんとデイで10匹釣っているじゃないですか。
そのとき僕は、ひどく嫉妬しました。ダメー。許さない。
だから次の日に、無理を押してデイで出撃しました。
牛車で。嘘やけど。

開始早々、案の定
8.8gのシンカーを沖目にぶん投げたら

着底同時にドーーーーーン!!
着底同時にドーーーーーン!!
着底同時にドーーーーーン!!
着底同時にドーーーーーン!!
着底同時にドーーーーーン!!
着底同時にドーーーーーン!!
着底同時にドーーーーーン!!
着底同時にドーーーーーン!!
着底同時にドーーーーーン!!
着底同時にドーーーーーン!!

e0247157_1102272.jpg

平均40cm(MAX44cm)の良型が10連発。
しかもほぼ全部一緒のパターン。

しかし、なかなかこれがしんどい。
なんせすべて沖で平均40cmというサイズが
毎回ヒットするので
病人には体力的にファイトが大変。
魚ファイト係をバイトで雇って同行させるべきでした。
それを繰り返すうちに
疲労で発熱と咳がひどくなり、
11匹目がヒットした時点で
リールを巻かずにほったらかしにしてぜーぜー言うてたら
勝手に魚がバレてくれました。ははは。

で、わかったことは、
数多く釣る人ってやっぱり凄い。
それだけ体力が要るってことです。
僕のようなもやし&青びょうたんボーイには
20匹以上は無理ですね。


→釣り方が少し異なる
e0247157_1262817.jpg

僕の淀川キビレのスタイルですが、
キビレが居着いているストラクチャーを
ピンポイントでいくつか把握していて、
それを狙い撃っていくやり方です。

そのやり方だと、どれだけ渋い渋い言われる日でも、
たいてい最低1匹は確保できるので
安心安全な釣り方なのです。

でもそのやり方は今年はダメだと気づきました。
理由は、僕が数匹釣って喜んでるときに、
他の奴らが10匹釣ってるんです。ダメー。許さない。
これまた嫉妬の炎が燃え盛りました。

しかしそこで気づきました。
今年はなんだか普通じゃない。
どうやらいくつもの大きな群れが複数単位で
回遊しているんじゃないかと考えました。
毎年ある程度そういった傾向はあって、
たまに突然大当たりの爆釣、という
ことがあったりするものですが、
今年はその規模、頻度が特に凄いのではないか。

だから、その大当たりを目指す釣り方にしました。
その方法は以下のとおりです。

・運に任せる

です。

本当はランガンが一番良いんですけど、
移動をいっぱいするのがめんどいのでしません。
運のみ。これがオレのStyle。

それが大当たりしたのが7/23の夜。
計14匹の大当たりでした。
e0247157_151124.jpg

しかも例年そこまでいっぱい釣れることのない
ポイントで爆釣劇を体験出来ました。
しかもパターンが一緒。
約10m先に見える流れのヨレに向かって投げるだけ。
そしたら勝手に釣れてる。そんな感じでした。
サイズはすべて30cm台前半、手返しもしやすく
数を稼げるギリギリの大きさでした。

ちなみにこの

・運に任せる

という戦略ですが、これには大きな落とし穴があって、

・ぶっちゃけ運次第

という難点がありました。

実際に14匹釣った次の日の夜に、
同じ時間帯&場所というほぼ同条件で
余裕ぶっこき状態で出撃したらびっくり。

・たった1匹

しか釣れませんでした。アタリもその1回だけ。
群れがどっか行ってしまったようです。糞ですね。
もしこの1匹をバラしてたらホゲるとこでした。
危ない危ない(福田和子風に)。


【忘備録:トップで釣れました】
e0247157_0595324.jpg

キビレングを始めてから初めて、
トップで釣ることができました!しかも3匹も。
あまりにエキサイティングで、思わず
ちんぽがギンギンにおっ勃ってしまいました。

あまりに嬉しかったので
道行く人すべてに自慢して回っています。
グランフロントのうめきた広場や
HEP FIVE前の交差点で
毎日自慢して回ってます。
向こう20年間くらいは自慢しようと思ってます。

しかし、ショッキングなことがありました。
僕がその日トップで3匹釣って大喜びしている間に、
同じ時間帯にトップで10匹釣った人が居たらしいのです。
それを知った私はショックで
EDになってしまいました。。。
絶対に許さない。


【忘備録:2015 KIBIRE KING参戦】
e0247157_131349.jpg

トップバトラー主催のキビレフォトダービー
去年に続いて今年も参戦しています。
ですが去年はロクな成績を残せていません。
僕の釣果は9割が脳内での妄想であり捏造なので、
なかなか投稿できません。。。

しかし今年は珍しく大会期間中に
やたら尾っぽの長い44cmを釣りました。
たぶん尾長鯛とのハイブリッド個体だと思います。
この44cmでキビレキングに投稿し、
暫定一位となりました。

嬉しかったので
道行く人すべてに自慢して回りました。
名古屋や三宮の駅前でも自慢して回りました。
向こう20年間くらい自慢しようと思いました。

しかし、ショッキングなことがありました。
わずか1週間後にあっさり45cmを釣られて
2位に転落してしまったのです。
それを知った私はショックで
EDになってしまいました。。。
絶対に許さない。

ちなみに僕を2位に転落させた糞アングラーですが、
こいつは僕の弟子でギルミスターという糞野郎です。
本当は奴が釣ったキビレを僕が横から写真を撮って
僕が釣ったことにして投稿する予定だったのに…。
絶対に許さない。

近況はそんな感じです。
ちなみにギルミスターさんはめちゃくちゃ良い人です。
おわり。

【今日の一曲】
Funkin' For Jamaica (Shinichi Osawa Remix) - Towa Tei

[PR]

by paradise-garage | 2015-07-28 02:03 | 淀川キビレ釣行 | Comments(24)