タグ:ガルプ ( 5 ) タグの人気記事

5/26琵琶湖ブラックバス釣行

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

e0247157_12524149.jpg


5/26の夜、琵琶湖に行って来ました。
誘っていただいたのはトップバトラー宮平店長と、Fさんのお二人です。
いつも本当にお世話になっております。

お二人はフライで釣りをするらしいので私も一瞬、
フライで釣りすることを考えましたが、
1.5秒でガルプで狙うことに考えを改めました(^^)

人生此れガルプ也
e0247157_12471467.jpg


やっと工事の終わった自動車道、スイスイ快適(^^)
e0247157_12442971.jpg


釣りの前に大津SAで腹ごしらえ(^^)
e0247157_1253399.jpg


・・・。
e0247157_1254346.jpg


・・・。
e0247157_12542078.jpg


・・・。
e0247157_12543848.jpg


嫁に土産を買ってやるか・・・
e0247157_12545896.jpg


なんだこれ?ガルプキャットフィッシュか?
e0247157_12552787.jpg


平均年齢41.666666歳の雄3人によるムーディーな夜景鑑賞のあと
e0247157_1257412.jpg


現地到着
e0247157_1317442.jpg


今回はどっちつかずロッド、パワーセブンを使用
e0247157_12583387.jpg


ルアーはARリグにガルプを使用
e0247157_1259650.jpg


開始すぐに小バスが釣れました
e0247157_12592977.jpg


立て続けにもう1匹釣れるも岩の間に挟まって逃げました
e0247157_1258130.jpg


その後、沈黙が続くので色々試行錯誤しますが
e0247157_1312044.jpg


藻ばっかり釣れやがるので
e0247157_1315928.jpg


私はやる気を無くし
e0247157_1321945.jpg


こんなことをしたり
e0247157_1323346.jpg


あんなことをしたり
e0247157_1324523.jpg


なめこを栽培したりして楽しんでましたが
e0247157_133121.jpg


宮平店長のアドバイスでギルを狙うことにし、

これまでに小キビレを腐るほど釣ってる私なら
e0247157_1332348.jpg


こんなものお安い御用で
e0247157_1334711.jpg


釣れるわ釣れるわ
e0247157_1341095.jpg


ヘタなライトゲームよりは面白いのですが
e0247157_1344064.jpg


やっぱり飽きました
e0247157_1345940.jpg


ふと振り向くと、

完全に心の折れたフライマン二人がそこに居り
e0247157_1373232.jpg


私のセコタックルをお貸ししました。

フライマン、ガルプの軍門に下るの巻
e0247157_1381283.jpg


私の同行者は大抵ボウズかロクな目に遭わないので非難轟々です。
e0247157_139211.jpg


私の弁明は以下の通りです。
e0247157_1392735.jpg


おわり。

■日時:5/26 釣行時間23:00~2:00
■場所:琵琶湖
■バス:1匹、ブルーギル:たくさん
■Rod:ゴーフィッシュ/ul-76 パワーセブン
■Reel:シマノ/ステラ2500S
■Line PE:YGK・WX8 GESO-X 0.6号
■Line Leader:クレハ・R18フロロリミテッド 6LB
■Lure:ガルプ・バックスライドバグ2インチ+ARリグ7g、他


【今日の一曲】
Joe Claussell "Live at Southport Weekender"

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

[PR]

by paradise-garage | 2012-05-27 13:28 | その他釣行 | Comments(8)

淀川キビレ ルアーについて

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ


こんにちわ~( ^ω^ )グヘヘヘ

そろそろ淀川キビレのシーズンが近づいてきました。
└(^ω^)」ワッショイ♪└(^ω^)」ワッショイ♪

というわけで今回は久しぶりに、
キビレ考察&タックルについて記事を書きたいと思います。
キビレのルアーについては過去の記事でも色々と触れていますが、
ここでまとめてみたいと思います。

【淀川キビレ考察 ルアーについて】

2009年に淀川でキビレ釣りを始めて以来、
ルアーに関してはジグヘッドやラインとともに
さまざまなものを大人買いして検証してきました。

で、去年辺りからなんとなく分かってきたことですが・・・

淀川のキビレって・・・

動くものだったら何でも良いような気がしてます。

なので、あまり参考にはならないとは思いますが、
私がこれまでに使ってきて、印象に残っているルアーを
紹介していきたいと思います。


【エコギアアクア/スイムシュリンプ4インチ】
e0247157_12233449.jpg

見るからに美味しそうなワームです(^ ^)
そのままでも美味しくいただけますがXO醤炒めが最高ですよ(^ ^) 嘘です(^ ^)


本来これはひとつテンヤ用のもので、
生きエサであるウタセエビの代わりに使うルアーです。

2011年のキビレシーズン後半は、
このルアーをメインで使用していました。デイもナイトも関係なく、一番安定してキビレが釣れたルアーです。

対キビレ用としてはワームのサイズが大きめなせいか、
釣れるキビレのサイズが安定して良かったのも◎です。

ただし・・・

・素材が柔らかすぎてすぐちぎれる。
水面を叩くようなミスキャストでもしたら一撃でおしまい。
軽いバイトだけでもおしまい。
※エコギアアクア全般のルアーに言えることです。

・値段が高すぎる。
1個換算で100円以上と、ソフトルアーとしてはかなり高価。
上述の「脆さ」も考慮すると、コストパフォーマンスは最悪。

などの大きなデメリットもあります。

釣れる理由は、匂いというよりも、ボディが太めで柔らかく、重めのジグヘッドを使っても、ふわっとした動きが出せるのが第一の要因だと思います。

今年は、これに代わる安くて丈夫で釣れるソフトルアーを
探してみようと考えてます。
たぶんバス用のグラブ系ルアーがこれの代わりになるんじゃないかと睨んでいます。


【ガルプ!/サンドワーム2インチ】
e0247157_2115780.jpg

新鮮なガルプはやっぱりビールに良く合います(^ ^)
マリネやカルパッチョもおすすめです(^ ^) 嘘です(^ ^)


2011年のキビレシーズン前半戦まで主力で使っていたワームです。
ガルプはカラーによって素材が変わっていて、
柔らかい素材のものと、やや固い素材のものがありますが、
私は一番柔らかい素材の「カモカラー」を主に使ってます。

ガルプは確かに釣れます。
包丁でみじん切りにして、小型ジグヘッドに付けると小キビレだけなら爆釣が体験できます(速攻で飽きますが)。

しかし、ガルプ!サンドワームだからといって過信は禁物。
味&匂いなしのワームの方が断然反応が良い時があります。

そもそもキビレに対しては、小キビレならともかく、
30cm以上のキビレは、匂いよりも動きの方が重要だと考えてます。
これは、淀川でキビレをある程度釣ってきておられる人であれば
既成事実だと思います。

そう考えると、無理に手が臭くなるガルプを
使用する必要性が感じられなくなるのですが、
ガルプ臭=釣れそう=おまじない的な要素
いまだに私を魅了してやみません。。。


【ガルプ!/フローティングサンドワーム4インチ】
e0247157_232334.jpg

こちらは熟成バゲットとの相性が抜群(^ ^)
ワインは赤よりも白で、やや甘口が私の気分(^ ^) 嘘です(^ ^)


2011年のキビレシーズン後半時に正式発売された期待の選手です。
ガルプシリーズのなかでも初のフローティング素材で、水中で漂うようなアクションが出せるワームです。実際に浅場で浮いた姿勢を見てみたのですが、ピンコ立ちでいかにも釣れそうな感じでした。

買ったばかりの頃は、匂い&動き・・・これって最強じゃね?
期待していたのですが、ボディが細すぎるため、キビレ用のジグヘッドに付けづらいという
致命的な問題がありました。

というわけで私は1回しか使っておらず、2匹しか釣ってません。
これのもっとファットボディタイプがあったら良いと思います。


【エコギア/バグアンツ2インチ】
e0247157_2321877.jpg

ヴェネツィアで最近人気のショートパスタです(^ ^)
ゆで時間はやや長めでラグーソースがおすすめ(^ ^) 嘘です(^ ^)


淀川でキビレ釣りを始めた2009年に多用していたルアーです。
なんだかんだで結構釣れました。
が、2010年からはまったく使用してません。

そもそも、淀川のキビレ=クロー系ワーム
という図式が私にはよく理解できない
のです。
他の地域では分かりませんが、
淀川ではこのルアーの形状はあまり意味がないように思え、
ストレートorファット形状のワームの方が
私はしっくりきます(なんとなく)。

※このルアーが釣れないというわけでなく、充分釣れます。
私がクロー系ワークにしっくりこないだけです。念のため・・・。



【ガルプ!アライブ!/バルキーホッグ2インチ】
e0247157_1655725.jpg

こちらはパスタの中でもニョッキの一種(^ ^)
ペコリーノとトマトソースを絡めると美味しい(^ ^) 嘘です(^ ^)


2010年のキビレシーズン時によく使っていたルアーです。
単刀直入にいうと、メーカーは異なりますが、
上述のバグアンツにガルプ臭を付けたようなルアーです。

これでキビレもよく釣りましたが、
どちらかといえばブラックバスに効くような気がします
(そもそもブラックバス用ですよね)。2年前の
ゴールデンウィークの琵琶湖で入れ食いになって驚きました。

しかし上述にあるような理由で、キビレ用としては
ほとんど使ってません。


【オンスタックルデザイン/カッティングベイト3インチ】
e0247157_2323020.jpg

モチっとした食感が特徴の生パスタです(^ ^)
アンチョビやオイル系ソースと良く合います(^ ^) 嘘です(^ ^)


匂いもなければ味もない普通のワームでですが、
私が初めてキビレを釣った記念碑的ルアーです。
カラーは確か赤ラメで、しばらくの間は赤ラメカラーと
ナチュラルカラーばかり使かっていたと思います。

しばらくガルプ一辺倒になってしまったので
使わずに釣具部屋に埋もれていましたが、

去年、私がガルプでまったく無反応だった時に、
釣り場の近くにいたカッティングベイトをぶら下げた
アングラー(知らない人)が
今日はよくアタリますね~(●´)З`)))ホクホク
話しかけてきたのを経験してからというもの(実際にその方、私のすぐ近くでキビレを連発してました)、

キビレは匂いじゃなくて動き
だということを認識するきっかけとなったルアーでもあります。

カッティングベイトは、
去年のシーズンオフ時に買ったテキサスリグ用のフックの
サイズにぴったりマッチすることもあり、
今年から再度使っていこうと考えてます。


【スミス/サラナ95F】
e0247157_2122214.jpg

昔からあるハード系パンの一種です(^ ^)
これのベーコンエピはおつまみにも◎です(^ ^) 嘘です(^ ^)


シーバス用の知る人ぞ知るフローティングミノーです。
#6のダブルフックに変更して使ってます。

去年、あまりにもガルプで反応が無いので、同じ場所で
このミノーに変えてみたらキビレが連発して驚きました。

このミノーは、スローフローティングであることと、
思いのほか潜行レンジが深い(1m位?)ことが特徴です。

遠浅のポイント(淀川中流ならほとんどそうですが)で、
ボトムスレスレに引いて使ってます。


【ラッキークラフト/バリッド70HW】
e0247157_2375925.jpg

南フランスの食卓では定番の食事パン(^ ^)
ドライフルーツやチーズが入ったものなどバリエーションも豊富(^ ^) 嘘です(^ ^)


淀川シーバスでは必ず投げるルアーですが、キビレを狙う時でも遠投&ボトムゴリ巻きで使ってます。#6のダブルフックに変更して使ってます。

バイブレーションはバリッドの他にも、
レンジバイブやシリテンバイブを使ってます。





と、いろいろとご紹介しといていうのもなんですが、

淀川のキビレって・・・

動くものだったら何でも良いような気がしてます。

もちろん、時期やパターンによって
最適なルアー(や釣り方)は微妙に変わってくるっぽいので
何ともいえませんが、

基本的には浮力が高めでフワッとした動きが出せるボトムを攻められるルアーだったら特に何でもいいような気がします(でかすぎるルアーは除いて)。

実際、ベイトタックルでディープクランク一本で
かなりの釣果を上げている人も間接的に知ってますし、
ちなみに私の知人で、初めて釣った淀川の魚がキビレで、しかもバス用のダーターで釣ったという人も居てます。


【番外編:マルキュー/いか原油】

以前、キビレの好きな匂いは何か?ということを
追い求めて思わず購入してしまった一品です。

この商品はいわゆるフィッシュフォーミュラですが、
その超強力な威力については、ググっていただければ色んな逸話が出てくると思います。

私の場合・・・

魚に使用する以前に人間が臭さに敵わず、
実釣に使わずに断念してしまいました!


部屋にジップロックで閉めて、さらにコンビニ袋3重に重ねて
保管してたのにもかかわらずそれでも匂いが部屋に漏れてくる
という危険なブツでした。というわけで捨ててしまいました・・・。

おわり。

【今日の一曲】
Nuyorican Soul feat.INDIA "Runaway"

(  ՞ਊ ՞)<ラーンナウェ~♪


チニング ブログランキングへ
[PR]

by paradise-garage | 2012-03-28 12:50 | キビレ考察&タックル | Comments(4)

2011年の淀川キビレを振り返る6 停滞期とアンコール

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

すでにシーズンが終了してしまった淀川キビレですが、
来年に向けて、少しづつ2011年の淀川キビレを振り返っておこうと思います。その6( ^ω^ )

【2011年の淀川キビレを振り返る6 停滞期とアンコール】

梅雨明け後から淀川花火大会までの間、それなりに好調だった淀川キビレでしたが、
やはり例年(と言われている)通り、それ以降は極端に渋くなる時期に突入してしまいました。

特にお盆休み明け以降、一気に反応が薄くなってしまいました。
キビレだけではなく、あれほど湧いていたカニ達も、日に日に
姿が減っていくのを目の当たりにしました。

そして、突然沸き始めたボラの大群。気温はまだまだ真夏ですが、
これって、淀川の水の中はもう秋になってきているのかもしれません。

e0247157_1544475.jpg

↑ちなみにシジミはまだまだ採れました。泥抜きして味噌汁に入れると美味しいよ( ^ω^ )

おそらくこの辺で諦めて秋シーバスの準備をする人も多いかと思います。
ですが、私があえて「シーズン終了」ではなく「停滞期」としているのには理由があって
一番淀川に通いつめた2009年の場合、8月終盤の大潮前後に突然の爆釣タイムがあったのです。

というわけで、今年の場合はどうだったのでしょうか?( ^ω^ )ニヤニヤ

e0247157_15474782.jpg

↑8/22、なんとか40cmと33cm

e0247157_15491658.jpg

↑8/27、なんとかバリッドで39cm

e0247157_15544756.jpg

↑8/28、ハゼ釣りの外道で小キビレ数匹。エサは石ゴカイ( ^ω^ )セコイ!

・・・あれ?あんまり釣れない・・・もしかして、今季は終わり?( ^ω^ )?

2011年の淀川キビレを振り返る 最終章へ続く( ^ω^ )

■日時:8月中旬~下旬
■キビレ:3匹(餌釣り除く)
■Rod:スパルタス・風神タイガME-76L、オリムピック・フィネッツァプロトタイプ762UL-T
■Reel:シマノ・ステラ2500S、ソアレ2000S
■Line PE:YGK・WX8 12LB
■Line Leader:クレハ・R18フロロリミテッド 14LB、5LB
■Lure:ガルプ・フローティングサンドワーム4inch+ARリグ5g、
     サラナ80F、バリッド70、石ゴカイ



チニング ブログランキングへ
[PR]

by paradise-garage | 2011-09-29 03:00 | 淀川キビレ釣行 | Comments(0)

2011年の淀川キビレを振り返る3 デイゲームへの目覚め

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

すでにシーズンが終了してしまった淀川キビレですが、
来年に向けて、少しづつ2011年の淀川キビレを振り返っておこうと思います。その3。

【2011年の淀川キビレを振り返る3 デイゲームへの目覚め】

キビレは一般的には、暗くなってからの夜がもっとも釣れるとよく言われています。
実際にそうだと思います。
昼にめったに釣れない場所も、夜ならあっさり釣れたりするものです。

ですが、今年、5月後半~6月中旬の約1ヶ月間、個人的な事情により
あまり夜に出撃することができず、土曜日or日曜日の昼間、しかも1時間くらいしか釣行できない、
かなり時間的に制限される時期がありました。

そうなると、無理にでもデイで釣れるパターンを探すしかありませんでした。

そのパターンとは・・・

夜では怖くてなかなかエントリーできない場所で釣る

でした。単純な策ですが、

結果としては、

e0247157_1050561.jpg

こんな感じや

e0247157_1052275.jpg

こんな感じで、

サイズは30cm台前半~中盤とぼちぼちですが、なかなかの釣果。
特に6月下旬のとある日中は、1時間で6匹の好釣果でした。
しかも場所によっては、ほぼ1投目で必ず反応があるくらいの魚影の濃さ。

夜と違って、昼間のキビレは居る場所がかなり限定されているような気がしますが、
キビレが溜まっている場所さえ見つけてしまえば、夜よりも断然釣れますね。
実際、今年のキビレの6割は日中での釣果となってしまいました。


しかし、ちょうどこの頃(梅雨中盤)、デイゲームの好調振りとは反対に、
しばらく夜で連続ボウズを食らうという謎のスランプに陥ったのでした・・・。

次回に続く( ^ω^ )

■日時:6月中旬~下旬
■キビレ:20匹くらい(30cm台前半~40cm台前半)
■Rod:Go-Phish・パワーセブンUL-76
■Reel:シマノ・ステラ2500S
■Line PE:YGK・WX8 12LB
■Line Leader:クレハ・R18フロロリミテッド 12LB
■Lure:ガルプ・サンドワーム2inch+ARリグ7g


【今日の一曲】
George Duke "Shine On"


(  ՞ਊ ՞)<夏のデイゲームといえばこの曲やな!キビレも喜んで聴いとるわ!


チニング ブログランキングへ
[PR]

by paradise-garage | 2011-09-29 02:30 | 淀川キビレ釣行 | Comments(0)

2011年の淀川キビレを振り返る2

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

すでにシーズンが終了してしまった淀川キビレですが、
来年に向けて、少しづつ2011年の淀川キビレを振り返っておこうと思います。その2。

【2011年の淀川キビレを振り返る2 梅雨前こそ最盛期?】

5/7のキビレシーズン開始からしばらくの間、ぼちぼちと釣れ続けたキビレ達。
特に、5月中旬に大雨が降ってから数日後は短時間でいい結果が出ました。

e0247157_118969.jpg

5/17、この日最大の40cm。

e0247157_121411.jpg

5/18、写真の40cmを筆頭に6匹。

2010年もそうだったのですが、2011年も同様、梅雨入り前までは
安定した釣果が出ました。しかも、シジミパターンなのか、
ガルプ+ジグヘッドを遠投してズル引きするだけで簡単にヒットする、釣り方としても単純明快。
初めてキビレを釣りたい方にとっては一番良い時期なのではないでしょうか。

特に、ガルプ・サンドワーム2インチが比類なき強さを発揮した時期でもありました。

ただ、今年は梅雨入りが早かった。
淀川汽水域はまとまった雨が降ると、どうしても雨の影響を受けやすくなります。
多少の雨なら程よい濁りが出て、条件も良くなるのですが、
まとまった雨は濁流になるどころか、危険なので釣りにも行けません。
特に、毛馬大堰からの放水は厄介な存在だったりします。

e0247157_1304744.jpg

写真は5/31の朝、通勤途中に十三大橋から撮影した淀川。
実際は写真以上の濁流っぷりでした。

というわけで、梅雨に入ると釣れる状況と釣れない状況、
つまりムラが出始める時期に突入します。

ちなみに、今年は梅雨入り開始の時点で約30匹。
2010年に比べるとイマイチでしたが、釣行時間も少なかったので仕方ないところですね。
[PR]

by paradise-garage | 2011-09-29 01:40 | 淀川キビレ釣行 | Comments(0)