タグ:フライ ( 2 ) タグの人気記事

10/30嵐山FA釣行

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

10/30、釣り仲間であるイケメンボーイ・happy coreさん
嵐山FAに行って来ました。

最近釣りが不調な私にとっては、
とにかく魚が釣りたくて仕方がありません。

ボラでもタチウオでも何でもいいので
魚が釣りたい・・・。

(※注1)今回行くのは淡水です。。。

そんな私の歪んだ思いに、
happy coreさんが見るに見かねたのか
私を嵐山FAへ誘ってくださいました。ありがとうございます( ^ω^ )

という訳でhappy coreさんの車で京都・嵐山に到着。

到着。紅葉はまだのようです
e0247157_1710391.jpg


現地では雨がぽつぽつと降っておりますが、
気温も高めで、釣りはしやすそう。
フライという、未だにまったく慣れないタックルですが
なんとか爆釣といきたいものです。

とりあえず私の持ってるフライタックルについて。

私の唯一のフライロッド、TFOのLefty Kreh Professional Series
e0247157_1711280.jpg


私の持っているフライ1
e0247157_17112144.jpg


上のフライはKYOTO FLYのフライ各種です。
フライってもともとカッコイイですが、KYOTO FLYのフライは
造形的にも素晴らしいセンスを感じさせます。

で、今日使用するフライはこれら↓です。

KYOTO FLYのBLニンフ、エリアキラー、他
e0247157_17123026.jpg


直前の情報では、トラウトはちょっとボトム近くに
集まっているらしい
ので、まずは
シンキングラインを使ってボトムから攻めてみることにしました。

グレーのラインがシンキングフライ、沈みます
e0247157_17124925.jpg


まずはシンキングラインでキャスト。
底まで沈め、ゆっくりとフライを引いていきます・・・。





フライが底まで沈むのに約40秒ほど。
ジギングで日本海の100m地点でジグを沈めるのと似たようなタイム。

(  ՞ਊ ՞)<ここで鯛カブラ落としたら1秒でボトム取れるやろな~

(※注2)今日はジギングじゃありません。。。

ちょっと退屈です。





底まで沈め、ゆっくりとフライを引きます・・・。





しかしまったく反応がなく、攻め方変えよかな~、
と思ったその時、

バシャッッッ!!

(  ՞ਊ ՞)<・・・!!??

(  ՞ਊ ՞)<ナブラ起こってるやん!!


(※注3)正しくは「ライズ」です。。。

意外にも、水面近くで反応が多い様子。
なので、すぐにフローティングラインにスイッチします。

フローティングラインに変更
e0247157_17134233.jpg


フライはKYOTO FLYのエリアキラーに、
同じくKYOTO FLYのインジケーター、くし団子をセットします。

エリアキラーとくし団子
e0247157_17135756.jpg


くし団子はいわゆるウキのようなものです。
フライに魚が喰いつけば、くし団子が動いたり消し込んだりして
アングラーにアタリを認識させる優れものです。

で、これらをキャストして・・・

まずキャストし、糸フケを取ります
e0247157_17141457.jpg


くし団子が立つまで待ちます・・・
e0247157_17142563.jpg


くし団子が立ったら、アタリが来るまで待ちます・・・
e0247157_17143525.jpg






そうすると、やっと答えが出ました(^ω^≡^ω^)

まずは1匹目
e0247157_17144790.jpg


そして2匹目も追加。
好調かとおもいきや、ここからが苦難の道でした。

アタリの数はめちゃくちゃあるのですが、
とにかくフッキングしません!
ぶっちゃけ、50バイト1ヒットくらいの酷い割合です。
フライって、こんなにシビアな釣りだったのですね。

最近めっきり繊細な釣りをしなくなった
落ち着きのない私にとっては、かなり酷な釣りです。

happy coreさんは順調に釣り続けてますが、
私は2匹目以降からさっぱり。

見かねたhappy coreさんが、
これを試してみてください、と、
リーダーを一段階細くしてくれました。





そうすると、また釣れました(^ω^≡^ω^)
(happy coreさん、おありがとうございます)。

やっとこさの3匹目
e0247157_1715859.jpg


ラインを細くすることで魚の反応が違ってくるのは
他の釣りでもわかってるつもりでしたが、
トラウトってここまで繊細だとは知りませんでした。

フライのカラーを変えたらさらにもう一匹追加。

今日はチャートカラーが高反応だった気がします
e0247157_17152017.jpg






しかし、相変わらずアワセが難しい!
頻繁にくし団子に反応はあるものの、
ほとんどフッキングさせることができません。

そうこうしてるうちに、釣り人も増えてきました。
あちこちで、フライリールの巻き取る音が、

ジジジジーーー
ジ~ジ~ジ~ジ~~


と聞こえてきます。
ソルト脳の私にとっては、そのたびに一瞬、

ヤバい魚がヒットしたのかとビクッと反応してしまいます。
ナルトビエイとかシイラとか・・・
(※注4)そんな魚はここにはいません。。。

そして、あまりのフッキングの難しさに
心が折れかけましたが、ライントラブルで
リーダーがぐちゃぐちゃになったのを機会に、
あえてリーダーをかなり短めにして再トライしてみると・・・





結構簡単にフッキングしました( ^ω^ )ナルホド…

心が折れかけた時にやっと釣れました
e0247157_1716456.jpg


もう一匹追加して、アタリが遠のきましたが、
フライのカラーを白に変えて、あと2匹追加。

8匹目か9匹目
e0247157_17161536.jpg


ここでタイムオーバー。

ぶっちゃけ30匹くらい釣れると思ってましたが、
世の中そんなに甘くありません( ^ω^ )ザマア!

ちなみに釣ってる人はめちゃくちゃ釣ってました。
上手い人と下手な人で露骨に釣果に差が出る釣りだと思います。
もっと精進しないといけませんね。

また来ます
e0247157_17162611.jpg


嵐山フィッシングエリアはこちら
今回使用したフライ、KYOTO FLYはこちら
今回のフライタックルを購入したお店、トップバトラーはこちら
happy coreさんのブログはこちら


ちなみに帰りの車中ではhappy coreさんと何故か
センドウブロスとガンクラフトの話題で大盛り上がりでした。
[PR]

by paradise-garage | 2011-10-31 15:38 | フライフィッシング | Comments(6)

フライフィッシング 序章

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

フライフィッシングを始めたのはほんの最近、2010年の9月からで、まだ4回のみの釣行です。
(注)フライと言っても、とってもライトなフライフィッシングですよ。

きっかけは、淀川区の塚本にあるルアー&フライショップ・トップバトラーに入り浸ってから、
そこのオーナーに勧められてフライもかじるようになりました。

タックルを揃えたのが2010年の12月と、まだ赤ん坊レベルですが・・・( ^ω^ )バブー

私のフライタックル。RodはTFOのLefty Kreh Professional Series。
e0247157_1429730.jpg


で、正直なところ、フライフィッシングはかなり敷居が高そうな気がしました。





が、実際に敷居は高いです!( ^ω^ )ナンジャソリャ!
少なくとも私の場合は、の話です・・・。

まずキャストが大変!(多少マシになったけどそれでも飛ばん!)
ラインシステムがよく分からん!(何度説明聞いても耳に入らん!)
魚を掛けてからがよく分からん!(普通にパニックになる!リールを巻いてまう!)

という状態で、慣れるまでにはやっぱり時間を要すると思います。

しかし、フライで釣れるとめっちゃ楽しいです!
さらに、私のようなキモオタでもカッコ良く見えます!( ^ω^ )ドヤ?

んで先日(9/18)、トップバトラーさんが開催したイベント「ビッグギルダービー」で、
久しぶりにフライで魚を釣ることができました。

この20cmのブルーギルで4位入賞でした。
e0247157_14362446.jpg


初めてフライで釣ったバス。小さかったけどすごく嬉しかったです。
e0247157_1438521.jpg


小型のフライはガルプ並に釣れます。
e0247157_14392310.jpg


今年1月に初めてフライで釣ったトラウト。小さかったけど嬉しかったです。
e0247157_14433270.jpg


フライそのものはそれこそ虫そのもので、
異様に釣れそうなオーラを放っているので
フライの操り方さえ基本だけでもちゃんと習得できれば、
かなり釣れそうな気がします。

実際、フライフィッシングの上手い人は、ありえないくらい魚を釣ってます。

私の夢は、フライでキビレやシーバスを釣ることです。
その道のりは、まだまだ長そうです。
[PR]

by paradise-garage | 2011-10-04 12:10 | フライフィッシング | Comments(0)