キビレロッドについて インプレPart1

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

キビレのルアー釣りはロッドが大切!

キビレのルアー釣りにおいてタックルの中でもっとも重要なものは?と聞かれたら、
ロッドが一番重要!と答えます。

とはいっても、よほど場違いなロッドじゃなければ普通に釣れます。

実際、私が淀川でキビレ釣りを始めてしばらくの間は、
5.2フィートの安物パックロッドで普通に釣れてました( ^ω^ )φシコシコ
しかも一時期は、穂先が折れて先端のガイドが2個も欠損している状態でしたが
それでも普通にキビレが釣れてました。

しかし、おそらく何度も釣り場に通って行くと、
キビレに向いているロッドとそうでないロッドとの差は明確に出てくると思います。

もちろん、同じキビレ狙いであっても、
サーフエリアなのか、
ゴロタ石エリアなのか、
杭や橋桁回りエリアなのか、
漁港なのかによって、
それぞれのロッドの向き不向きが異なってくるので一概に断言はしづらいですが、
ある程度の傾向は相対的に見て出てくると思ってます。

というわけで、私が実際に使用したことのあるキビレロッドについて
インプレしたいと思います。

スパルタス 風神タイガME-76L 【アピア】 ※廃盤
e0247157_18135695.jpg

私がメインで使用している(していた)ロッド。本来はシーバス用。
キビレ用のロッドとしてはやや固めですが、今まで使ったロッドの中では
これがもっとも使いやすいと思います。
特に、障害物が多くて強引なやり取りが必要な場所や、
ジグヘッドリグでのズル引きメインで使用するのであれば、
今の時点では最強かもしれません。
難点は、キビレ用ロッドとしてはやや固めなので、
基本的にはこちらからフッキングしていく必要がある点です。

XOR シルバーシャドウSSX-70L 【メガバス】
e0247157_18315622.jpg

私が去年までメインで使用していたロッドです。本来はボートシーバス用。
しなやかでムチのようなティップでありながら、パワーも持ち合わせています。
このロッドでかなりの数のキビレと魚種
(コイ、ナマズ、シーバス、グレ、メッキ、メバル、ガシラ、ブラックバス、etc)を釣りました。
キビレ用としては理想的なロッドだと思いますが、
変なグリップのせいで違和感のある重さが最大の難点。
あと、ボートシーバスロッドとして考えるとティップが柔らかすぎるため使いづらく、
どういう意図で設計されたのか、かなり疑問が残るロッドだと思います。
また、高価な値段(約38,000円)に見合うロッドかというと…微妙なところです。
私はとある釣具屋の店員に勧められて購入しましたが、
私が釣具屋の店員ならおすすめしません。

ul-76 power seven 【ゴーフィッシュ】
e0247157_18402767.jpg

謳い文句通りの万能ロッド。キャスト時の振り抜け感◎、
見た目以上のバットパワーで魚のやりとりも◎。
ただ、もう少しテーパーが固めの方がジグヘッドリグには向いていると思います。
その代わりチヌボンボンには最適だと思いますが、それでも根掛かり地帯ではやや扱いづらいかも。
キビレはもちろん60cm以上のシーバスもこれで釣りましたが、
良くも悪くも汎用性にあふれた一本なので、キビレ単体ではあまり出番はないと思います。

MORETHAN MOBILE 76 【ダイワ】
e0247157_1851850.jpg

シーバス用の5本継ぎパックロッド。絶妙なファストテーパーが実はキビレ向きだったりします。
キビレ用としてはやや固めのテーパーなので小キビレは乗りづらいですが、
汎用性の高い良いロッドだと思います。
使った感覚はスパルタスの風神タイガME-76Lに似ているかも。
実はこれでキビレ自己記録(48cm)とシーバス自己記録(77cm)を釣っており、
一見縁起の良いロッドなんですが、購入して早々、ブランクが2段階にへし折れる理解不能なトラブルも起きてます。
なにげに高級なロッドなので、今は遠征用として部屋に眠ってます。

実はまだまだあります。長くなるので一旦この辺で。

by paradise-garage | 2011-09-29 05:00 | キビレ考察&タックル

<< 淀川以外のキビレ釣行 回顧録    2011年の淀川キビレを振り返... >>