大阪湾ボートシーバス はじめに

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

ボートシーバスは2009年、淀川キビレ開始時とほぼ同時期から始め、
渋いシーズンを除いて、だいたい月1ペースで行っております。

ボートシーバスの醍醐味はなんといっても、シーバスの活性さえ高ければ
ボッコボコの入れ食いタイムが体験できることです。

こんなもんじゃ生ぬるい位、入れ食いになったりもします( ^ω^ )ヒャッハー!
e0247157_14312767.jpg


写真は2010年11月、人生初のシーバス70cmUP
e0247157_1433268.jpg


なんせ、陸っぱりで普通入ることのできないエリアへ
ボートで攻められる訳ですからね( ^ω^ )φシコシコ

難点は、当然ですが、乗船にはお金がかかります。
あと、たとえボートシーバスでも激渋の時があります。

2011年8月後半、一度だけボートでボウズを食らったことがあります。
その時は、私の釣り仲間とその関係の方々7人がかりで
2船で出撃して全員ボウズ
という恐ろしい結果でした。

さらに、船内にボラが飛び込んできて私の顔面に激突するといった、
ボラビンタまで食らうという、ドMにはたまらない一日になったこともあります。
これでも1人1万円きっちり支払いました( ^ω^ )ニッコリ


ボートシーバス使用タックル

ボートシーバス始めたての頃は、おかっぱりのシーバスタックルを使用していたのですが、
リールやルアーはともかく、遠投する必要性がない点と、
ストラクチャー打ちがメインになってくる点から、セオリー通り
どう考えてもロッドは短めの物が良いと判断し、今では専用のロッドを使っています。

■Rod:がまかつ・ラグゼ デッキステージ斬鱸S60ML-F
■Reel:シマノ・ツインパワー3000SDH

e0247157_14551332.jpg

メインで使用しているスピニングタックルです。リールは陸っぱりシーバスのものを流用。
本当はベイトタックルの方が穴打ちなどを正確にキャストできるのでいいのですが、
ベイトリール買うのが面倒臭いという理由でベイトタックルは使ってません。


■Rod:ダイワ・ソルティガ ベイジギングSG-BJ 65HB
■Reel:シマノ・オシアカルカッタ200HG

e0247157_14592664.jpg

船べりや岸壁ジギング用に使っています。が、最近買ったばっかりなので
まだ1回しか使用してません。元々は近海ジギングや鯛カブラ用に購入したものです。
ちなみに今年7月、ラスト1時間だけ、ジグだけ入れ食いで
あとはほぼ無反応という状況
に出くわしたことがあります。


というわけで、今後、ボートシーバスに行ったらここでレポートしていきたいと思います。
[PR]

by paradise-garage | 2011-10-03 03:30 | ボートシーバス | Comments(0)

<< 淀川汽水域キビレ考察2 デイか...    キビレ釣行記番外編 外道たち  >>